東急百貨店

menu

 美容部員メイク Vol. 3 shu uemura

+Q(プラスク)ビューティーメイクアップレッスン

今すぐマネしたい!
ビューティーコンサルタントの普段メイク

いつも最先端のメイクを纏い、プロ目線で「美容のいろは」を教えてくれるコスメカウンターの華・ビューティーコンサルタント。この連載では、彼女たちの普段見ることのできないプライベートメイクにフィーチャー。プロ直伝のテクニックをたっぷりお届けします。
第3回目のゲストは、〈シュウ ウエムラ〉のビューティコンサルタントさん。OFFの時はパンツルックが多いとのことですが、心掛けている "普段メイク"のポイントを教えていただきました。

「ハイトーンカラーで髪色を明るくするようになってから、OFFの日の服は赤や紫・黒など鮮やかではっきりとした服を選ぶことが多いですね。今回の黒のパンツルックではメイクの色と質感でフェミニンさを演出しています」。
夏の日差しを照り返すアイメイクがおすすめ
「夏の日差しに負けない、気分が上がるメイクをしたくなりますよね。ブラウンやレッド、コーラルなどのカラーはこの夏も大人気。〈シュウ ウエムラ〉でも大粒のパールが入った遊びゴコロのあるリキッドアイシャドウが登場します。ヨレずにピタッと止まり、重ね付けするとニュアンスも出るイチオシアイテムです。今年の夏は色と質感でメイクを楽しんでください」。
Step1
「アイフォイル」のローズラスターを上まぶた全体になじませて。広範囲に入れるとキラキラ度が増すのでより一層華やかに。下まぶたにも同じ色をチップで入れる。
Step2
「プレスド アイシャドー」のME ヴァーミリオン 252Bをブラシにとって目尻から目頭に向かって重ねづけ。先ほどのローズカラーの上に二重幅で重ねるとニュアンスが出て、シックな目元に。下まぶたにも塗って。
Step3
肌なじみの良い「プレスド アイシャドー」のW サニーアンバーを上まぶたの中央(黒目幅)にポンポンとのせるように重ねづけ。まぶたの中心に明るい色をのせると、より立体的な目元に。下まぶたは目頭から黒目の中心部分までラインを描くように。
Step4
アイラインは「アンリミテッド 3d ジェル ペンシル M」の サウンドブラックを。目頭から目尻に向かって描き、留めの目尻は5ミリほど長めに描くのがポイント。 最後はブラックのマスカラを上下まつげにたっぷりと。
使用アイテムはこちら!
(画像左から) アイフォイル ローズラスター 3,960円、プレスド アイシャドー ME ヴァーミリオン 252B 2,530円、プレスド アイシャドー W サニーアンバー 2,530円、アンリミテッド 3d ジェル ペンシル M サウンドブラック 3,520円
美眉は「色」と「形」のバランスを見つけて
顔全体の印象を左右すると言われている眉メイク。色と形のポイントをつかんでいれば、洗練された眉が描けるそう。
「髪色に合わせて色は明るく、フィニッシュにアイブロウマスカラを重ねています。形は主張しすぎない平眉がおすすめ」。 パウダーとペンシル、アイブロウマスカラとアイテムを上手に使うのも大切な要素だとか。「それぞれに役目があって、使いこなすと簡単に美眉が完成しますよ」。
Step1
「ブロー パレット」左側の明るめのブラウン(ウォルナットブラウン)で眉の形を整えて。眉山やアーチは作らず、平らに描くように。
Step2
次はペンシルで全体の形を整えて。「ブロー スウォード オークブラウン 」で眉と眉の間を埋めるように塗りつぶすのがポイント。「眉尻や眉毛が少ないところを埋めていく。このひと手間が眉の完成度を高めてくれます」。時々、鏡で眉毛のバランスを確認して。
Step3
「クシブロー オークブラウン」のブラシで逆毛を立てるように塗った後、最後に形を整えて。「眉の中心部分から塗っていくと全体のバランスが取れます。眉マスカラを塗ると眉毛の形も崩れずキープできます」。
使用アイテムはこちら!
(画像左から)ブロー パレット ウォルナットブラウン(左)/エイコーン (右) 4,400円、ブロー スウォード オークブラウン 4,400円、クシブロー オークブラウン 3,740円
肌の透明感を引き出すには「血色感」がポイント
アイメイクとリップとのバランスを取るにも欠かせないのがチーク。「マスクの上からちょこっと見えるチークのおかげでアイメイクはもちろん、肌の透明感も引き出せるんです。頬の高いところから目尻に向かって帯状に入れるのがポイントです」。
Step1
チークで血色感を出すために細かなパールが入ったハイライターで顔にメリハリをつけて。「ブラシで頬の高いところと鼻筋の高い部分に一筋入れるだけ。このひと手間があると立体感が増します」。
Step2
大きなチークブラシを使ってオレンジのチークを頬全体に。「ブラシを最初に乗せるのは目の下から。チークをたくさんのせてアイメイクとなじませるとメイクが引き立ちます」。
Step2
最後はリップを。リップブラシやペンシルで唇の輪郭をとってから直塗りして。「ラインは唇の広角から中心部分に向かって描くとはみ出さず、きれいに仕上がります。リップは直塗りした後ティッシュオフするとマスク移りも軽減できます」。
使用アイテムはこちら!
(画像左から)(上)フェイス カラー P ミディアムピーチ 550 3,300円、(下)フェイス カラー ヌードピンク 025 3,300円、ルージュ アンリミテッド アンプリファイド OR595 3,740円
「薄く・軽く・続く」の三拍子
素肌のような仕上がりが続く、ヌードコンシャス肌
ブランドを代表するアイテムとして人気の「アンリミテッド ラスティング フルイド」。軽くて薄付きなのに気になるところはしっかりカバー。何よりも朝のメイクがずっと続く、ロングラスティング効果も嬉しいファンデ。「顔全体に薄く仕上げてからコンシーラーで気になるところをカバーする。私の肌作りに欠かせない2品です」。 マスク移り対策にプレストパウダーを忘れずに。
使用アイテムはこちら!
(画像左から) ステージ パフォーマー ブロック ブースター フレッシュピンク  4,950円アンリミテッド ラスティング フルイド SPF24・PA+++ 全24色(写真は574) 6,160円、アンリミテッド コンシーラー 全13色(写真は5ミディアム) 3,740円、ステージ パフォーマー インビジブル パウダー 4,400円(ケース 1,100円、パフ550円)
メイクの仕上がりにシュッとひと吹き
マスクメイクに欠かせないフィックスミスト
メイクの仕上げは「アンリミテッド メイクアップ フィックス ミスト」を。メイク崩れはもちろん、マスク移りも防いでくれる心強いアイテム。「"レモンティのような香りが好き"というファンも多く、コロナ禍でヒットしているアイテムです」。
いかがでしたか? プロのテクニックを参考に、夏は遊びゴコロのある華やかメイクを楽しんでみては?
[取扱店]+Q(プラスク)ビューティー 渋谷スクランブルスクエア店、吉祥寺店
TOP