東急百貨店

menu

2018 CHRISTMAS

2018 Christmas Campaign

2018年東急百貨店クリスマスキャンペーンのテーマは「オトナフェミニン」。
キラキラとした光沢やセンシュアルな色使いで大人の知性や女性らしさを感じさせるイメージに、
心地よくぬくもりのあるシンプルな暮らしを大切にした「北欧マインド」をプラス。
ラベンダーカラーをベースにした透明感のある色彩と、
北欧の伝統文化である「切り絵」をイメージしたイラストで表現しました。

繊細で上品なタッチのイラストは、テキスタイルデザインやグラフィックデザイン、イラストレーション分野で、
国内外で活躍する赤羽美和さんに書き下ろしていただきました。

赤羽美和さんプロフィール
武蔵野美術大学卒業後、サントリー宣伝制作部、株式会社サン・アドにて多数の広告制作に携わった後、テキスタイルパターンの永続的なストーリー性に魅せられ、スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学に留学、テキスタイル学科修士課程修了。 サーフェイスパターンを主なフィールドに、グラフィックデザイナー、テキスタイルデザイナーとして活動。切り絵やコラージュなどから生まれる遊びの延長のようなスケッチ手法は偶然性を誘い込み、グラフィックとテキスタイルの両軸からもたらされる多彩なアウトプットは、紙やファブリック、空間に至るまで多岐に渡る。また「対話」をテーマに人々を招いたプロジェクトやデザインを展開し、「受け手のなかに始まる新しいストーリーのきっかけに」と、自身の作品づくりを"ストーリーテリング"という言葉で表し、人と人、状況をつなぐパターンの可能性にも継続して取り組んでいる。近作にセント・ヨーラン病院緊急病棟(スウェーデン)でのホスピタルアートがある。 URL:http://miwaakabane.com/

Christmas Tree & Illumination

市松模様のハートやりんごのオーナメントなど北欧のクリスマスからインスピレーションを受けたモチーフに、
ハイヒールやシャンパン、香水瓶など大人の女性らしさを象徴するモチーフを調和させ、
各店のクリスマスツリーやイルミネーションにちりばめました。

渋谷・本店

台座部分には冬の間に切り絵を楽しむ北欧の習慣にちなんだ切り絵のモチーフを使用。温かみのある光で、穏やかでぬくもりに満ちた北欧のクリスマスを表現しました。

渋谷駅・東横店

この季節だけの華やかであたたかみのある雰囲気の中でお買い物をお楽しみいただけます。

吉祥寺店

台座部分にはフィンランドの伝統的な装飾品である「ヒンメリ」をイメージした装飾を施しました。また北欧では手作りされることも多い藁のオーナメントもあしらいました。


北欧グッズプレゼントキャンペーン

11月15日(木)~12月12日(水)の期間中、吉祥寺店のクリスマスツリーに飾られた「藁」のオーナメントが、ツリーの中にいくつ飾られているかお答えください。正解された方の中から抽選で50名様に、北欧ジャーナリスト 森 百合子さんおすすめの素敵な北欧グッズをさしあげます。

たまプラーザ店

クリスマスにサンタクロースの手伝いをしてプレゼントを運ぶといわれているトントゥ(妖精)(※)。台座にとんがり帽子と丸い鼻をデザインしたユーモラスなモチーフが楽しさを演出します。


北欧グッズプレゼントキャンペーン

11月15日(木)~12月12日(水)の期間中、たまプラーザ店のクリスマスツリーに飾られた「トナカイのモチーフ」オーナメントが、ツリーの中にいくつ飾られているかお答えください。正解された方の中から抽選で50名様に、北欧ジャーナリスト 森 百合子さんおすすめの素敵な北欧グッズをさしあげます。

※トントゥ:ノルウェー・デンマークでは「ニッセ」、スウェーデンでは「トムテ」など国によって呼称が異なります。
※北欧の風習や名前の由来は諸説あります。

装飾デザイン・プロデュース:ベルベッタ・デザイン
空間デザイナー長谷川喜美が率いるデザインソリューションカンパニー。「空気をデザインする」をテーマに空間デザイン全般を幅広く手掛ける。その活動は複合商業施設や遊園地でのイベント、店舗開発、公共施設でのインスタレーションなど多岐にわたる。近年の作品として、二子玉川ライズで2年に渡り展開される季節装飾など、各所のクリスマスオブジェのデザインを行う。 URL:http://www.velveta.jp/