鶴屋吉信(東横のれん街) | ギフト通販なら東急百貨店ネットショッピング

鶴屋吉信(東横のれん街)


鶴屋吉信

【鶴屋吉信】

鶴屋吉信は江戸時代の享和3年に創業以来、京都の御菓子司として200余年努めてまいりました。
鶴屋吉信相伝の家訓一条に「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間、ヒマヲ惜シマヌ事」とあり、その精神を社是としております。
これからも雅で美味しい古都ならではの文化の継承につとめてまいります。

鶴屋吉信の歴史画像 鶴屋吉信の歴史

享和3年(1803)、初代鶴屋伊兵衛によって京都市上京区にて創業。
明治維新後、3代伊兵衛は「柚餅」を創案し京菓子司の家業を大きく発展、「柚餅」を愛好した文人富岡鉄斎によって大看板の揮毫や装画を得て京名物として声価を高めました。

昭和天皇による「柚餅お買い上げ」があり、また戦時のさなか、政府による「戦時京菓子18種」のひとつに「柚餅」が選ばれるなど激動の時代にあっても京菓子司の暖簾は守られてきました。
戦後は「柚餅」とともに「京観世」が代表商品として鶴屋吉信発展の力強い牽引力となり今日に至ります。

柚餅・京観世の由来画像
柚餅・京観世の由来

【柚餅】
享和3年(1803)、菓子づくりをしていた初代鶴屋伊兵衛が材料の配合を間違え、まったく違った菓子が出来てしまいました。
捨てがたい趣を覚え、青柚子を加えて和三盆糖をまぶしたところたいそう美味し菓子が出来上がったため「ゆうもち」と名付け、以来150年の長きに渡り代々伝えられてきました。
京菓子の伝統を絶やさぬようにと京都府が定めた「和生菓子18品」に選ばれています。

【京観世】
鶴屋吉信本店からほど近いところに、観世流の家元・観世家の鎮守「観世稲荷」の「観世井」という井戸があります。
ある時この井戸へ天から龍が舞い降りて以来、水が常に揺れ動いて美しい波紋を描くようになったと伝えられています。
この伝説にちなみ、堂本印象画伯の筆により外装にもその優美な姿が添えられております。

1-16件目|全16品)

表示件数

  • 20
  • 50
  • 100

並べ替え

  • 人気順
  • 商品名順
  • 価格が安い順
  • 価格が高い順
1-16件目|全16品)

お届け遅延・配送停止のお知らせ

ただ今、一部の地域でお届け遅延が発生しております。お届け日およびお届け時間帯のご指定はご容赦願います。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※詳しくはこちらをご覧ください。

福島県一部地域への配送承り停止について

現在、福島県の一部地域への配送承りを停止しております。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※詳しくはこちらをご覧ください。
鶴屋吉信(東横のれん街)のページです。東急百貨店ネットショッピングは東急百貨店の公式通販サイトです。お中元お歳暮おせちバレンタインデーホワイトデー母の日父の日のギフトショッピングなど、大切な贈り物を安心してご購入いただけます。
ページの上部へ