両口屋是清(東横のれん街) | ギフト・プレゼントの通販なら東急百貨店ネットショッピング

両口屋是清(東横のれん街)


両口屋是清

【両口屋是清】

茶どころ名古屋の御菓子所「両口屋是清」は寛永11年(1634年)大阪の菓子司・猿屋三郎右衛門が尾張藩御用菓子製造のため召され、那古野本町に開業したのが始まりと記録に残されております。

貞享3年(1686)には、尾張二代藩主光友公から、直筆表看板をいただきました。伝統に真心をこめて皆様に喜んでいただける品をお届けしております。

両口屋是清の歴史画像 両口屋是清の歴史

寛永十一年(1634)、初代・猿屋三郎右衛門が名古屋・上本町の地にて創業。
三郎右衛門は、上本町に家を借りると近くの武家屋敷や商家を相手に饅頭を作りはじめました。

寛文十一年(1671)、初めて藩の御用菓子をつとめ、貞享三年(1686)、尾張藩主・徳川光友公より直筆「御菓子所 両口屋是清」の表看板を賜ります。
このときにいただいた文字は、現在でも両口屋是清のロゴとして使用されています。

江戸で町人中心の化政文化が花開いた時代、両口屋是清も尾張藩の御用菓子所の老舗としてその名は他藩にまで知れわたり、わざわざ他藩から菓子を買い求めに来る人も多かったということです。江戸時代に培った信用のもと、「大勢の人に愛される菓子づくり」の伝統を守りつづけてきました。

両口屋是清代表商品の画像
両口屋是清代表商品

【二人静(ににんしずか)】
昭和九年(1934)、十一代大島清治が自宅の庭に咲く白い花「二人静(ふたりしずか)」からひらめいたもので、和三盆のほんのりとした甘さが特徴。

【旅まくら】
昭和二十五年(1950)、十一代大島清治が愛知国体にご出席される天皇・皇后両陛下へ、旅のつれづれをお慰めする菓子として考案。先祖伝来の茶道具の花入れ「旅枕」の形にヒントを得た焼き菓子です。両陛下も大変喜ばれたといいます。

【をちこち】
古文の中で遠い近いという意味に使われる"をちこち"はるかな山々の風情を意匠しました。伝統の技で小豆の味わいを存分に引き出した、しっとりとしたほどよい甘さの棹菓子。

1-6件目|全6品)

表示件数

  • 20
  • 50
  • 100

並べ替え

  • 人気順
  • 商品名順
  • 価格が安い順
  • 価格が高い順
1-6件目|全6品)

TOKYU POINT「使ってもらえるキャンペーン」開催!

10月1日(日)~31日(火)の期間中、TOKYU CARD ClubQカードを含む各種TOKYU CARD会員の方で、ネットショッピングにて合計5,000円〈税込・配送料込〉以上お買物をされ、かつTOKYU POINTを1ポイント以上ご利用のネットショッピング会員さまにもれなく500ポイントをプレゼント。(11月下旬頃付与予定)
※TOKYU POINTのご利用には、ネットショッピング会員登録(無料)および、クレジットカード情報の登録が必要です。

お届け遅延・配送停止のお知らせ

ただ今、一部の地域でお届け遅延が発生しております。お届け日およびお届け時間帯のご指定はご容赦願います。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※詳しくはこちらをご覧ください。

福島県一部地域への配送承り停止について

現在、福島県の一部地域への配送承りを停止しております。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※詳しくはこちらをご覧ください。
両口屋是清(東横のれん街)のページです。東急百貨店ネットショッピングは東急百貨店の公式通販サイトです。お中元お歳暮おせちバレンタインデーホワイトデー母の日父の日のギフトショッピングなど、大切な贈り物を安心してご購入いただけます。
ページの上部へ