鳩居堂(お線香・お香・毛筆・墨・便箋) | ギフト通販なら東急百貨店ネットショッピング

鳩居堂(お線香)

鳩居堂

ご仏壇用のお線香やお部屋用のお香、季節の葉書・便箋・置物などを取り扱っております。
海外のお土産に最適な和紙小物等も充実しております。
日本の美しい四季を感じる空間、和紙の温もりに満ちた生活をご提案します。

 

鳩居堂の歴史

1180年、熊谷直実が、軍功により源頼朝から「向かい鳩」の家紋を賜ります。
1663年、熊谷直実から数えて20代目の熊谷直心が京都寺町の本能寺門前にて薬種商「鳩居堂」を始めます。
1700年代、薬種の原料が「香」と共通するところから、薫香線香の製造がはじまり、同時に、薬種原料の輸入先である中国より書画用文具を輸入して販売します。
1800年代初期、儒学者 頼山陽の指導で筆や墨の改良を試みます。
1877年、太政大臣三條実美公より、900年来 伝承されてきた「宮中御用の合せ香」の秘方をすべて伝授されます。平安朝に生まれた日本の香りは、一子相伝として今もなお、鳩居堂により正しく伝えられています。

『鳩居堂』の屋号の由来画像 『鳩居堂』の屋号の由来

儒学者 室鳩巣によって、中国の最古の詩集といわれる「詩経」の一節「維鵲有巣 維鳩居之」からとったといわれています。このことは、江戸中期に鳩居堂4代目主人と交流のあった儒学者 頼山陽が書いた「鳩居堂記」という巻物に記されています。「これカササギの巣あり、これ鳩之に居る」という詩の訳は、まさに「カササギの巣に鳩がいる」ということで、鳩は巣作りが下手でカササギの巣に平気で住んでいる、すなわち『借家住まい』ということを意味します。
「店は先祖そして世間からの借り物、預かり物であるということを忘れずに、謙虚な気持ちで商いに励め」という戒めの言葉がまさに屋号の『鳩居堂』に込められています。

  • お線香
  • レターコレクション
1-120件目|全363品)

表示件数

  • 20
  • 50
  • 100

並べ替え

  • 人気順
  • 商品名順
  • 価格が安い順
  • 価格が高い順
1-120件目|全363品)

鳩居堂ランキング

北海道の地震の影響による配送不能・遅延について

ただ今、北海道の地震の影響により一部地域への配送が不能となっております。
また、北海道全域への配送および北海道からの配送に遅延が発生しております。
北海道へのお届けにつきましては、お届け日および時間帯の指定はご容赦願います。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※配送不能地域はこちらをご覧ください。

西日本豪雨の影響による配送不能地域について

ただ今、西日本豪雨の影響により一部地域への配送が不能となっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※配送不能地域はこちらをご覧ください。

福島県一部地域への配送承り停止について

現在、福島県の一部地域への配送承りを停止しております。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。
※詳しくはこちらをご覧ください。
鳩居堂(お線香・お香・毛筆・墨・便箋)のページです。東急百貨店ネットショッピングは東急百貨店の公式通販サイトです。お中元お歳暮おせちバレンタインデーホワイトデー母の日父の日のギフトショッピングなど、大切な贈り物を安心してご購入いただけます。
ページの上部へ