東急百貨店

menu

東急百貨店の保険

  1. 東急百貨店
  2. 東急百貨店の保険
  3. 保険の選び方

保険の選び方

「貯蓄は△(三角)、保険は□(四角)」

貯蓄の場合

期間に比例して
金額が大きくなる三角形になります。

保険の場合

期間に関わらず
金額が一定の四角形になります。

貯蓄や保険は、リスクに備えるための手段として、とても有効です。

いざという時のために貯蓄しておけば、きっと役立つことでしょう。ただし貯蓄の場合は、今まで蓄えた分だけしか使えないため、支出額が貯蓄分を上回ってしまうと対応できません。一方、保険の場合は保障内容や金額の上限が決められています。しかし、一定期間を超えていれば、これまでの支払額に関わらず、万一の時に受け取れる金額も定まっています。支払ってきた金額より、保障される金額の方が上回るケースもあるのです。フレキシブルに使える備えとして貯蓄を、一定の金額が必要になる万一の備えとして保険を、それぞれ上手に活用したいものです。

ライフプランに合わせて保険を選ぶ

ひとくちに保険といっても、生命保険や医療保険、がん保険に学資保険など、実に多くの種類があります。
まずは、自分が保険に入る目的を考えることから始めましょう。何について備えておきたいかが明確になったら、その時に自分が必要になる保障額を判断することが大切です。生活環境によっても必要な保障額は変わってきますから、保険に加入する際には、これから先のライフプラン(子どもの独立、住宅ローンの有無、仕事の定年など)も判断材料にしましょう。また、加入している保険を定期的に見直すことも大切です。

保険選びのポイント
  • 自動車保険

    ・相手への補償、自分と同乗者(搭乗者)の補償、車の補償を考えながら保険料を比較する
    ・トラブルが起きた時、どんなサポートをしてくれるか、各社のサービスに注目する

  • 医療保険

    ・保険期間に注意。特にいくつまで保障されるかの確認を忘れずに
    ・先進医療の保障にも注目

  • 生命保険

    ・ライフステージに合わせて、必要な保障の過不足がないか見直す
    ・自分や配偶者の生活、子供の成長も大きく関係するため、ライフプランニングも大切に

  • ガン保険

    ・待機期間や対象外のガンの種類など、免責事項を把握しておく
    ・希望の治療法を受けられる保険かどうかを見極める

  • 年金保険

    ・無理のない金額で、長期的に継続して積み立てる

東急百貨店では「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、保険商品の勧誘方針を定めております。詳しくは「保険勧誘方針について」をご覧ください。

このホームページの情報は、保険商品について一定の項目のみを表示したものであって、保険商品の内容のすべてが記載されているものではありません。商品の詳細については、各保険会社のパンフレットや重要事項説明書、契約概要などを、そのほかご注意いただきたい事項は注意喚起情報を必ずご確認ください。

【募集代理店】
株式会社 東急百貨店 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
※東急百貨店は、そんぽ24の代理店として保険契約締結の媒介を行っており、締結代理権および告知受領権は有しておりません。