東急百貨店

menu

さっぽろ店

営業情報
  • 住所

    札幌市中央区北4条西2丁目

  • 代表電話

    011-212-2211

  • 営業時間

    10:30−19:00
    営業時間 10:30−19:00

    ※レストラン街など、一部のショップを除く。 ※社会情勢を踏まえ変更する場合がございます。最新情報は随時更新いたします。

  1. 東急百貨店
  2. さっぽろ店
  3. トピックス
  4. 〈THE〉POP UP SHOP

Topicsトピックス

〈THE〉POP UP SHOP

  • 11月19日(木)~12月16日(水)
  • 1階 北口特設会場
  • 期間限定

「THE」と呼ばれる定番を生みだすブランド〈THE〉。世の中の定番について考え、機能・デザインの両面にこだわった、良質でモダンな商品を集めたこだわりのコンセプトショップをご紹介いたします。


〈THE〉THE 醤油差し [大]3,850円/[小]3,300円

青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造。 醤油だけでなく、オリーブオイルやソース、お酢など何を入れても合う、「世界一美しい、液だれしない醤油差し」。


〈THE〉THE Magic Water (Multi Cleaner) [本体(400ml)]1,045円/[詰替用(350ml)]825円 [写真左]
”原料は、なんと水だけ。”
『The Magic Water』は、キッチンのしつこい油汚れやおもちゃの洗浄、トイレ周りの除菌にも効果を発揮する、水から生まれたマルチクリーナー。原料は水だけなのに汚れを落とすことができる秘密は、特許技術による水の電気分解。水を電気分解すると、アルカリ性と酸性、2種類の水に分かれます。この性質が、汚れを落とすメカニズムに関係しているのです。
原料は水だけなのに、不思議なほど油汚れがよく落ちる、環境にも人体にも配慮したマルチクリーナーが生まれました。

〈THE〉THE 洗濯洗剤 2,750円(500ml) [写真右]

『THE洗濯洗剤』は、人と環境を考慮して開発された洗剤です。
最も誇れるのはその環境負荷の低さ。通常、河川や海に排出された洗剤は、100%が生分解しますが(生分解= 微生物が汚れや洗剤を食べてくれることで水と二酸化炭素へと分解され自然に還ること)『THE洗濯洗剤』は、この生分解速度において驚異的なスピードを誇ります。一般的な洗濯洗剤は、海に流出した後、生分解されるまでに約1ヶ月を要します。しかし『THE洗濯洗剤』は1日でなんと94%が生分解され、7日後には100%生分解されているという速さ(※注1)。この理由は、界面活性剤の使用量を、一般的な洗濯洗剤の1/9.5にまで落としたこと。界面活性剤が少ないと油汚れが落ちにくくなると言われますが、海洋タンカーの事故処理研究を応用し界面活性剤を微粒子化するというナノテクノロジーを導入することにより、少量でも優れた洗浄力を発揮できます。
※注1:JIS試験法K3362によって検査しています。


〈THE〉THE GLASS [SHORT (240ml)]1,078円 /[TALL(350ml) ]1,298円/[GRANDE(470ml)]1,518円
最もグラスらしいグラスとは何か。徹底的に考察しました。
グラスを形成する機能的な要素は大きく3つ。
1.形状:持ちやすく、飲み口の当たりが良く、洗いやすいこと。スタンダードで長く使えること。
2.素材:丈夫で割れにくく、日常の中でストレスなく使えること。注いだものがおいしそうに見えること。
3.容量:日常の中で使い勝手の良い容量であること。
『THE GLASS』は、耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)を贅沢に極限まで厚く用いることで、割れにくく、軽く、電子レンジや食器洗い機でも使えるグラスを実現しました。


〈THE〉THE Tote Bag(Color:WHITE・BLACK・WHITE&NAVY) [S]10,450円 /[M]14,850円/[L]19,800円
現在の一般的なトートバッグの生地より20%ほど太い糸を使用することで、頑丈さはもちろんのこと、自然なムラ感があり、一つ一つ表情が異なる生地に仕上がっています。 通常の織機では糸が太すぎて通らなかったため、旧式のシャトル織機を改造して作りました。決して生産性が良いとはいえない旧式のシャトル織機ですが、ゆっくりゆっくり織り込んだ生地は空気を多く含むため、見た目の厚さに反して軽く、そして頑丈に仕上がっております。
生地の製造は愛知県知多郡の新美株式会社。大正10年創業、天然繊維の生地を中心とした機織り工場です。生地が厚く硬いため、特殊で馬力のあるミシンを使い1つ1つ経験豊富な職人の手作業で仕上げています。

〈THE〉THE WOOL FLEECE(Color:BLACK、Size:S・M・L) 49,500円 [写真左]
〈THE〉THE WOOL FLEECE(Color:BLACK、Size:S・M・L) 37,400円 
[写真右]

長きに亘り人類に重宝されてきたウール、その特長は大きく3つあります。
・繊維自体が縮れているので、暖かいこと
 ・短い毛が絡み合っているので、弾力性と通気性に優れ、着心地が良いこと
 そして、近年問題になっている、洗濯時の排水による海や河川への汚染に関して
 ・天然繊維なので、生分解性が高く、自然に還ること私たちがフリースをつくるにあたり、最も適した素材が、広く使われているポリエステルではなく、ウールと考えたのもそのためです。
ウールは、熱伝導率が低く、吸湿性が高い繊維で、一本一本が縮れているため暖かい空気を多く含むことができます。しかし、天然繊維のため、毛が短く、そのままでは起毛生地にできないことが問題でした。
そこで、THE WOOL FLEECEの生地には、モールヤーンを採用しました。
モールヤーンとは、2本の糸を撚る際に、他の糸を挟み込むことで、全体に直立した毛羽ができる糸のこと。芯糸にだけ少量のナイロンを、巻きつける糸には全てウールを使用した生地は、熱が外に逃げにくく、身体をしっかりと保温します(混率 ウール92%・ナイロン8%)。
このウールフリースは、家庭で手洗いができます。
 実は、一般のフリースのほとんどがポリエステル製の起毛生地のため、洗濯をするたびに繊維が抜け落ち、排水後、マイクロプラスチック(ファイバー)として海や河川に流れています。これを減らすためには、糸が抜け落ちにくい高品質なアイテムを選ぶことや、目が細かいウォッシングネットを使うことが効果的ですが、私たちは、起毛自体に天然繊維のウールを使うことも一つの答えだと考えています。天然繊維は生分解性が高く、時間をかけて自然に還っていきます。
製造は、日本有数のニット産地である山形県で、1952年に創業した米富繊維。創業時から続けている編み地の研究により、2万点以上にもなる編み地のパターンをアーカイブしています。
ローゲージニットをつくる上で欠かせない全自動横編機の所有数は、国内で最も多い43台。世界でもトップクラスの生産体制により、アパレルブランドから絶大な信頼を得るニットメーカーです。

〈THE〉THE Sweat Zip up Hoodie (Color:GRAY・NAVY・BLACK、Size:XS・S・M・L・XL)29,700円
やわらかく、伸縮性があり、洗っても劣化しない。
 世界でも数百台しか現存していないと言われる吊り編み機は、ニット生地を編み立てる旧式の編み機で、糸を無理に引っ張らずに手編みのようにゆったりと編んでいく機械のこと。生産効率が低いかわりに、丈夫で劣化せず、洗いこむほどに実感できるやわらかい生地をつくることができるのが特長です。
今では吊り編み機は減ってしまいましたが、1960年代中頃までのヴィンテージと呼ばれるスウェットシャツのほとんどがこの生地で作られていて、何十年も経った現在でも古着として多くのファンを魅了し続けていることが、耐久性の高さや品質の良さを物語っています。
見た目はベーシックな形状でありながら、動いても着崩れが起きない最高の着心地を実現しました。
普遍的な形状に、いつまでも風合いの変わらない生地。
そこに少しだけ機能が進化した〈THE〉らしいスウェットが完成しました。

それ以外の商品については「THE」のホームページをご覧ください。
「公式ホームページ」はこちらから(外部サイトへ)