香り高く、なめらかな果肉
「JA夕張市」の夕張メロン 1玉(1.5kg以上)税込4,374円 ご注文はこちら
「JA夕張市」の夕張メロン 2玉(3kg以上)税込7,020円 ご注文はこちら
"やっぱり"の訳 その1
「味・香・色」
口に入れたとたん、とろけるような濃厚な甘み。そして滑らかな舌触り。果肉が非常に柔らかくジューシーな味わいは夕張メロンならではの特徴です。

それだけではありません。切った瞬間、鼻に抜ける芳醇な甘い香り、目に飛び込んでくる果肉の鮮やかなオレンジ色が、夕張メロンの美味しさを更に引き立て、日本のメロンを代表するブランドメロンになりました。
"やっぱり"の訳 その2
「厳しい検査」
収穫された夕張メロンは全て、JA夕張市の検査場で熟練の検査員の厳しいチェックを受けます。
糖度はもちろん、早もぎ、もぎ遅れではないか?ネットの張り盛り上がり密度の度合いはきめ細かいか?美しい長円形か?
検査を通ったメロンだけが「共撰」の夕張メロンとして、等級を付けられ、出荷されます。

味はもちろん容姿端麗。オーディションに合格して初めて、夕張メロンとして舞台に立てるのです。
夕張メロンには「個撰」という規格もあります。個撰出荷規格にあったものが出荷されます。
"やっぱり"の訳 その3
「門外不出の希少性」
夕張メロンは夕張市でのみ生産されます。
JA夕張市と生産者が一体となって、厳格な品質管理をしています。類似品・模造品などが出回らないよう、名称、図形、シールなどを商標登録されているため、「夕張メロン」として販売できるのはJA夕張市の検査を受けたものだけになります。

さらに、夕張メロンは、夕張キングという品種でないと夕張メロンとは言えません。つまり別の品種を夕張市で栽培しても「夕張メロン」にはならないのです。
夕張キングの種子は、JA夕張市の金庫で厳重に保管管理されているため、メロン組合員でなければ入手することはできません。
しかも、夕張キングは、一代雑種なので、夕張メロンの種を育てても夕張メロンにはならないのです。

品種としても、管理体制としても、正に「門外不出」のメロンなんです。
"やっぱり"の訳 その4
「生産農家の心意気」
炭鉱の町から、農業の町へ。生まれ変わりをかけて取り組んだのがメロン栽培でした。
「特産品となるメロンをつくろう」「最高のメロンをつくろう」
失敗を重ね、時には品質改良技術者との軋轢、市場関係者からの不評、などを乗り越えて、自ら開発した「夕張メロン」の品質に自信もって、今日のような「ブランドメロン」にまで育て上げたのです。

現在の生産農家さんにも、その精神は引き継がれ、誇りとプライドを持って「夕張メロン」を栽培しています。
決して、食べる人の期待を裏切れないのです。
そんな心意気の農家さんだから、「夕張メロン」のおいしさは確保されるのです。
美味しさの、もう一つの立役者「みつばち」
夕張メロンの栽培には、昭和40年代からミツバチが導入されました。人の手で交配するより確実でむらがなく、またできたメロンの味わいも違うため、現在はすべての生産者がミツバチの力を借りています。
美味しい夕張メロンを、もっと美味しく食べるには
収穫されたばかりの頃は灰緑色ですが、時間とともに緑黄色・黄色へと変化し、独特の甘い香りが強くなってきます。
夕張メロンが手元に届きましたら、すぐに箱を開け、メロンの状態をご確認ください。

夕張メロンは、熟度の進み方が比較的早いメロンです。緑黄色・黄色の食べ頃になりましたら、二つに切り、種を取ってラップをかけて冷蔵庫で冷してお召し上がりください。
「JA夕張市」の夕張メロン 1玉(1.5kg以上)
税込4,374円
ご注文はこちら
「JA夕張市」の夕張メロン 2玉(3kg以上)
税込7,020円
ご注文はこちら