東急百貨店

menu

企業情報

  1. 東急百貨店
  2. 企業情報
  3. 子育てサポート

Child-Rearing Support子育てサポート

東急百貨店は、次世代の育成支援(子育てサポート)の「認定マーク」を取得しています。

東急百貨店では、従業員全員がそれぞれの役割の中で求められる能力を発揮できるように、仕事と家庭の両立支援制度を整え、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

また、これらの制度を取得しやすい環境整備にも取り組み、多くの従業員が利用しています。
2007年、2010年、2013年、2015年、2018年のこれまでに5回、次世代育成支援(子育てサポート)を積極的に取り組む企業として、厚生労働省より認定を受けました。

今後も、より働きやすい職場環境に向けた取り組みに力を入れていきます。

仕事と家庭の両立支援制度

育児

出産休暇

対象者 出産を迎える女性
期間 産前産後8週間(多胎妊娠は産前14週から)取得できます。
内容 法定(産前6週・産後8週)より長い期間です。

配偶者出産休暇

対象者 配偶者が出産を迎える男性
期間 配偶者の出産当日を含む、連続2日取得できます。
内容 配偶者の出産時の立会い、入院時の付き添い等に利用できる制度です。

育児休職

対象者 勤続1年以上で、生後3年未満の子を有する、引続き勤務の意思のある人
期間 最長2年間取得できます。男性は子の誕生日以降から、女性は出産休暇終了から取得できます。
内容 本人が申し出た期間、育児に専念するために利用できる制度です。

育児勤務

対象者 勤続1年以上で、小学校4年生以下の子を有する人
期間 最長で小学校4年生の4月10日まで取得できます。
内容 1日の実労働時間を5時間又は6時間を基本とし、短縮することができます。
介護

介護休職

対象者 2親等以内の親族が常時介護を必要とする場合で、引続き勤務の意思のある人
期間 対象家族1人につき、常時介護状態に至るごとに1回、通算1年取得できます。
内容 法定(93日)より長い期間です。本人の申出によって利用できます。

介護勤務

対象者 2親等以内の親族が常時介護を必要とする人
期間 対象家族1人、1事由につき、1年を限度として取得できます。ただし、期間延長を申出た場合、1年以内毎の延長を認め、通算5年まで取得できます。
内容 職場ごとに設定されている勤務形態(シフト)に基づき、1日の実働労働時間を5時間まで短縮できます。本人の申出によって利用できます。

※育児・介護ともに社員区分によっては一部期間が異なるものがあります。

次世代育成支援対策推進法にもとづき、一般事業主行動計画を策定し実行しています。

上記のように2007年から2018年までに5回くるみんマーク認定を受け、現在は一般事業主行動計画の第6期を策定し、各種取り組みをすすめております。
今後も、多くの従業員にとって仕事と家庭の両立がはかられ、仕事の生産性の向上がはかられるように取り組みを推進していきます。

当社の一般事業主行動計画の第6期について

計画期間:2018年2月1日~2021年1月31日

目標1:多様な働き方で長期的に活躍でき、必要なサポートが得られる環境づくり
多様な働き方のサポート環境整備に向けた取り組み

①育児勤務者が長期的な活躍ができる制度の充実

  • 育児勤務明け後の働き方の見直しを図ります。

②介護中の従業員へ働き方に対する啓蒙活動

  • 介護制度の啓蒙活動を実施します。
男性従業員の子育て支援に向けた取り組み

①男性従業員に向けた育児関連休暇取得啓蒙活動

  • 育児関連休暇取得に向けた啓蒙活動(配偶者出産休暇取得促進)を強化します。
その他全ての従業員に向けた取組み

①制度の周知

  • 長く活躍し続けるためのビジョン形成・意欲向上へ向けたキャリア相談窓口を周知します。
目標2:ワークライフバランスのための、ゆとりある時間が確保できる環境づくり
ワークライフバランス両立支援

①朝型勤務全社推進による長時間労働の防止

  • 本社部門に加え、各店(営業部門)においても朝型勤務の推進を実施します。

②業務効率の向上

  • 各部署内での朝夕礼・引継ぎルールを明確化し啓蒙活動を行います。

③部署に応じたマルチな勤務形態の確立

  • 各部署の実態に即した効率的な勤務形態を設定します。
年次有給休暇の取得率向上の取り組み

①年次有給休暇の取得しやすい環境整備

  • 連続休暇制度の取得促進に向けた啓発活動を実施します。