2018.12.07

遊びと学びの基本!ボーネルンドこだわりのオリジナル積み木をご紹介

Voice

3歳頃までに最も大きな発育を遂げるといわれる子どもの知能。積み木遊びには、将来新しい問題に出会ったときに必要な「柔軟に考え、すばやい判断、創造的に取り組む力」の土台づくりとなる要素が詰まっています。そこで今回は、遊びの基本となるものだからこそ「正確で良質なものを」という想いが込められた、ボーネルンドのオリジナル積み木をご紹介します。お子さまの初めてのおもちゃに、お孫さまへのクリスマスプレゼントに、こだわりの積み木をどうぞ!

積み重ねる、崩す。積み木には、たくさんの遊びと学びの要素が詰まっています。

たくさんの遊びの要素があり、子どもの遊びの基本になる積み木。「ブロックを目で見て形を認識する→ブロックを積み重ねる→いろいろな形を創造・表現する→手本の形を観察して同じ形を作る」といったステップを踏みながら、積み重ねたり、崩したりすることで、目で見たものを認識して脳で情報処理を行い、図形や文字、遠近感や位置関係などを覚え、視知覚認知能力・空間認知能力が養われます。

年齢に合わせて、そして発達ごとに、できることはステップアップしていきます。

0歳〜1歳半頃は、舐めたり触ったり、五感をフルに使って感触を楽しんでいる時期。1歳半〜2歳頃には、ピースを積み上げようとしたり、並べたり、崩したりして楽しむようになり、2歳頃には車や食べ物などに見立てて遊ぶようになります。2歳半〜3歳頃は、人形やミニカーなどの身近なものと組み合わせた想像遊びが広がる時期。3歳を過ぎた頃には、三角と三角で四角になる、などといった新しい学びとともに、個性豊かな造形遊びが始まります。このように、積み木遊びは年齢や発達に寄り添いながら、常に子どもに新しい喜びと楽しさを与えてくれます。

「正確で良質なものを」という想いが込められた、ボーネルンドのオリジナル積み木。

今回ご紹介するボーネルンドのオリジナル積み木には、こだわりがたっぷりと詰まっています。素材には、ヨーロッパの森林でゆっくりと育った木目の美しいブナの木を使用。高く積めるよう、ピース同士の接する面積を広くするために面取りは最低限に。さらに、小さな子どもでも握りやすい大きさと適度な重さ、木目が透ける美しい塗装仕上げなど。そこには、遊びの基本となるものだからこそ「正確で良質なものを」という想いがしっかりと込められています。それを作っているのは、岐阜県郡上市にある工房。古くから木炭作りやろくろ加工が盛んだった地域の職人の手で、丁寧に作られています。
もうすぐクリスマス。お子さまやお孫さまへのプレゼントに、大切な想いとともに“本当にいいもの”を贈ってみてはいかがですか?

≪ボーネルンド≫オリジナル積み木カラー

美しい色彩、正確な面取り。世代を超えて使いたい、ボーネルンドの逸品。

税込17,280円

お買い求めはコチラ


≪ボーネルンド≫オリジナル積み木M白木

全ての子どもたちに贈りたい、遊びの基本がしっかり詰まった良質な積み木です。

税込15,120円

お買い求めはコチラ
取り扱い店舗:東急百貨店 渋谷・本店、吉祥寺店、さっぽろ店


積み木ひとつとっても種類は様々ですが、ボーネルンドの「オリジナル積み木」なら、大人も子どももきっと満足できるはず。お子さまの健やかな成長を願う、心を込めたプレゼントにはうってつけです!