東急百貨店

menu

渋谷駅・東横店

営業情報
  • 住所

    東京都渋谷区渋谷2-24-1

  • 代表電話

    03-3477-3111〈東横店・本店代表〉

  • 営業時間

    10:00−21:0011:00−22:30(L.O.22:00)
    店舗営業時間10:00−21:00
    西館9階 東急レストラン街
    [ダイニングダイニング]11:00−22:30オーダーストップ 22:00

    この他にも一部営業時間が異なる売場がございます。詳しくはお問い合わせください。

    休業日

    連日休まず営業いたします。

  1. 東急百貨店
  2. 渋谷駅・東横店
  3. 東急フードショー
  4. スイーツコラム

東急フードショー

  • 平岩理緒のオススメ!

2019年バレンタインおすすめ&トレンドのチョコレートは?

2月のキーワード:自分チョコ、カカオ豆、フルーティー、オーガニック、ギルティーフリー

2019年のバレンタイン、今年はどんなチョコレートが気になりますか?
東急フードショーの各店にも、続々とバレンタインアイテムが登場!
東急百貨店東横店の西館8階催物場でも、今年は1月31日(木)~2月14日(木) [最終日は20:00閉場]に「SHIBUYA ショコラスクランブル」が開催されます。

今季のバレンタインのトレンドの一つは「フルーティー」。フルーツと組み合わせたチョコレートはもちろん、複数のチョコレートメーカーの開発研究により、ベリーのような酸味を持つルビーカラーのチョコレートや、苺・パッションフルーツといったフルーツの味と色を持つ新感覚チョコレートが登場。見た目もカラフルで華やかな商品が目立っています。
カカオ豆の産地を見にいくショコラティエや、自社でカカオ豆の栽培まで手掛けるブランドも増え、オーガニックのカカオを使用した品も選択肢が増えています。
ここ数年、「ギルティフリースイーツ」という言葉が注目されているように、チョコレートの分野でも、罪悪感なく食べられる素材使いにこだわったものが話題に。
また、例年以上に「自分チョコ」需要が高まっていて、プレゼント用よりも自分用のチョコレートの方が予算をかけている、という方も多くなっているそうです。そう聞くと、何だか安心して、気になるチョコレートを自分用に買っちゃおう!という気持ちになりますね。
バレンタイン催事でも、イートインメニューがより充実!「SHIBUYA ショコラスクランブル」会場でも、その場で食べられるチョコレートのソフトクリームやパフェなどが揃うので、イベント気分で楽しみたいですね!
(ラストオーダーは20時半、最終日19時まで)

ネットショッピングでの購入も、どうぞお早めに!
注文期間は2月10日(日)17時まで。お届け日は2月11日(月)~14日(木)となります。
ネットショップ会員の方は、1回の注文でお届け先1か所につき税込5,000円以上利用すると、配送料も無料となります。

2019 バレンタインギフト ネットショッピング
カテゴリー別はもちろん、人気順や価格順といった細かい絞り込み検索も可能。 用途に合わせて、楽しみながら欲しいものを見つけられます。
今年、注目のチョコレートをピックアップしますので、参考にしてみてくださいね!

本命チョコにも、自分へのご褒美チョコにも!

■チョコレートについて

〈ラ・メゾン・デュ・ショコラ〉
ヴェルティージュ ショコラ

(9粒入)⋯3,510円

パリの街中の広場でよく見かけるのが、メリーゴーランド。フランスでは、大人にとっても懐かしい思い出であるだけでなく、とても身近な存在なのです。
そんな、くるくると回るメリーゴーランドのように揺れ動く想いを、花占いで唱える台詞の名を冠した4種のレシピで表現。
「パッショネモン ショコラ -情熱的に-」は、情熱を意味する名を持つ果実“パッションフルーツ”風味の、極薄いデリケートなチョコレート入り。そのフレッシュな甘酸っぱさが、ドミニカ共和国産のカカオを使ったダークチョコレートの力強さを和らげつつコクを引き立てる。まさに情熱的なバランス!
「パ デュ トュー レゾナブル -欲望のままに-」は、ミルクチョコレートとギモーヴのまろやかな組み合わせで、もっと欲しい!という誘惑にかられます。
「ボークー ドゥ キャラメル -大好き-」は、コンフィチュールのようなテクスチャーでとろけるように滑らかなガナッシュと、ほんのり塩を利かせたクリーミーなトフィーが、なんとも甘美なキャラメルの味わいを繰り広げます。 「ア ラ フォリ プラリネ -狂おしいほど-」は、アーモンドとヘーゼルナッツをたっぷり使った、とびきりリッチな味わいの伝統的なプラリネ。クリーミーなノートに、細かく砕いたナッツとキャラメルの食感が、渦巻くように口の中を駆け巡ります。

「ヴェルティージュ(めくるめく陶酔)」という名前のとおり、甘い想いをのせて届けるロマンチックなコレクションです。

■お店の紹介

「ガナッシュの魔術師」と呼ばれた創業者の教えを受け継ぐシェフ・パティシエ・ショコラティエ、ニコラ・クロワゾー氏が創作するショコラは、素材の味わいを活かし、職人の丁寧な手仕事を大切にした、比類のない逸品。 洗練されたデザインのパッケージも美しく、パリの高級ショコラトリーとして愛されるブランド。

■こんな時におすすめ!

パステルカラーの美しいボックスは、いかにもパリの人気ブランドらしい上品なデザイン。
2粒や3粒、同じ物が入っているショコラもあるので、2人で分けて甘いひと時を味わうのも素敵です。
自分へのご褒美としても、1粒ずつ幸せな気分で楽しめますよ。

ビターなおつまみ感覚で、辛党の男性にも嬉しい!

■チョコレートについて

〈ヴェストリ〉
イル・プーロ
2,160円

自社農園で栽培されるカカオ豆を焙煎し、丸ごとキャラメリゼ。ダークチョコレートとカカオパウダーでコーティングし、ビターに仕上げました。
酸味と苦味とのバランスが取れたカカオ豆は、噛むとカリカリとした食感が心地よく、奥行きある香りと味わいが、ガツンとダイレクトに感じられます。

■お店の紹介

イタリアのトスカーナ州アレッツォに本店を構え、ピエモンテ州のヘーゼルナッツ、シチリア産のピスタチオなど、イタリアの高級食材にこだわるのみならず、中米・ドミニカ共和国にカカオの自社農園を持ち、カカオ豆から一貫してチョコレートを製造。
カカオ豆からチョコレートになるまでを一貫して行う「ビーン・トゥー・バー」のみならず、畑からカカオを届ける「ファーム・トゥー・バー」を実現しています。
フィレンツェの店舗は地元の人々だけではなく、海外からの観光客にも高い評価を得ている人気店です。

■こんな時におすすめ!

今、チョコレートの世界では「カカオ豆」への関心が高まっています。
アーモンドチョコレートのようなスナック感覚で気軽につまめますが、中身がカカオ豆そのものなので、かなりビターな味わい。甘いチョコレートをあまり召し上がらない方にもお勧めです。
ワインやウィスキーなど、お酒ともよく合います。

会社の上司にも伝わりやすい、王道の有名ブランド

■チョコレートについて

〈ジャン=ポール・エヴァン〉
ボワットゥ ショコラ 6個入 ヴォワヤージュ

2,850円

愛とは旅すること。そんなエヴァン氏の思いを込めた2019年のバレンタインのテーマは「ヴォワヤージュ(旅)」。
こちらのアソートボックスには、そんなバレンタイン限定の新作ショコラが、4種類入っています。
自由の女神が描かれた「リベルテ」は、日本の柑橘「小夏」を加えたキャラメルガナッシュの1粒。
シジュウカラという小鳥が描かれた「メザンジュ」は、抹茶とパッションフルーツのガナッシュの1粒。 赤いハート形の2粒は、ダークチョコレートの「クール ノワール ルージュ」が、燻製塩を加えたプラリネ入り。ミルクチョコレートの「クール レ ルージュ」が、塩と爽やかな香りのティムットペッパーを加えたジャンドゥージャ入りです。
他の2粒は、代表作でありサクサク食感が特徴の「SAPHIR(サフィル)」と、オレンジ果汁を使用し、香り豊かに仕上げたビターガナッシュ入りの「トロワオランジュ」と、多彩な味が楽しめます。

スリーブ付きの箱に描かれているのは、パリのエッフェル塔、ローマのコロッセオ、京都の三重塔、ニューヨークの自由の女神といった、世界各国の街のシンボル。
エヴァン氏が旅で出会ったカカオや素材、思い出を、ボンボン ショコラとパッケージに凝縮した詰め合わせです。

■お店の紹介

1986年にフランスの国家最高職人章「MOF」を受章したジャン=ポール・エヴァン氏。
1988年にパリ7区に自店をオープン以来、フランスを代表するショコラティエとして活躍を続けています。
2016年には日本初の路面店となる「ジャン=ポール・エヴァン 京都店」を京都にオープン。

■こんな時におすすめ!

チョコレートにそれほど詳しくない方にも「あの有名店の・・」とわかっていただけるパリ発ブランド。
上司の方や、義理のお父様への贈り物としても、これなら間違いなし!という安心感があります。
「旅がテーマのチョコレートなんですよ」と一言添えて渡せば、旅行気分を味わっていただけることでしょう。

お母様やお友達、お世話になっている女性の方へ

■チョコレートについて

〈ピエール マルコリーニ〉
フルーツ&フラワー

(6個入)⋯2,592円

さまざまな花の香りが楽しめるガナッシュと果実のコンポートを組み合わせた、6種類の新作チョコレート入り。
赤い花柄プリントの3種は、「ヴァーベナ ストロベリー」「オレンジフラワー フランボワーズ」「ローズ パッション」と、ベリーや薔薇を採り入れた華やかな組み合わせ。
黄色い花柄プリントの3種は、「フェンネル シトラス」「ジャスミン ベルガモット」「ユズ マンダリン ライム」と、柑橘系の爽やかな組み合わせです。

「ピエール マルコリーニ」の2019年バレンタインのテーマは、世界中で幸運のモチーフとして愛される〈小さなハチ〉です。
最近、新たなブランドコンセプト「Simple as an Art (アートのようにシンプルに)」に合わせて、ロゴマークも一新し、シンプルさと品質への飽くなき探求を表現。
ミツバチを思わせる、黄色のストライプカラーのボックスが、元気と幸せを運んでくれそうです。

■お店の紹介

パリの「フォション」やブリュッセルの「ヴィタメール」などで修行を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立した、ベルギーの天才ショコラティエと呼ばれる、ピエール・マルコリーニ氏のブランド。
1995年には洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のベルギー代表として出場、チームを優勝に導きました。
カカオ豆の仕入れルートの開拓、買付け、選別、調合、焙煎や精錬、すべてにマルコリーニ氏自ら携わり、オリジナルのチョコレート作りにも力を入れています。

■こんな時におすすめ!

今やバレンタインのチョコレートは、女性から男性に贈るだけのものではありません。
ご家族や上司の方、お友達など、女性に贈りたいチョコレートも選択肢が豊富に揃います。
こちらの、フルーツとフラワーという組み合わせも、まさに女性に喜ばれること間違いなし!
蓋を開けると目に飛び込んでくる、可愛らしい赤と黄色のプリント柄にも、思わずにっこりと心が和みます。

注目のギルティフリーチョコレートは、ナチュラル志向の方へ!

■チョコレートについて

〈NOX ORGANICS〉
オーロラバーチョコレート【ざくろ】

1,188円

個包装タイプのオーガニックチョコレートが人気の「NOX ORGANICS」に、待望のタブレット(板チョコレート)が登場。
オーガニック100%はそのままに、カカオ分70%のビターなチョコレートにざくろシードを散りばめて。
ザクロは、ビタミン、カルシウム、ミネラル、マグネシウムなどを豊富に含むフルーツですから、女性には特に嬉しいチョコレートですね。
ビターなチョコレートを引き立てる、宝石のようにキラキラと輝く赤い果実のフルーティな味わいが魅力!

■お店の紹介

スウェーデンの製薬会社が開発したチョコレートブランドで、100%オーガニックの品を提案。
2013年、スウェーデンと日本で販売を開始し、美容に関心の高い方や医療関係者の間でも注目を集めました。
添加物はもちろん、乳製品や白砂糖も不使用で、体にやさしい素材にこだわりつつ、味や香りも妥協しないクオリティで人気となっています。

■こんな時におすすめ!

チョコレートがオーガニックであるうえに、女性に注目されるスーパーフード「ざくろ」を組み合わせた、嬉しいヘルシー派チョコレート。
自然志向のお友達や、ご家族にお勧めです。男性から奥様や彼女に贈る感謝チョコレートとしても、スマートで素敵ですよ!

著者近影

平岩 理緒

『TVチャンピオン』デパ地下選手権で優勝。
独自の視点で、都内はもとより、日本全国のデパ地下を闊歩する、デパ地下研究家として知られる。
特にスイーツへの造詣と愛情深く、スイーツ好きのためのコミュニティサイト「幸せのケーキ共和国」を主宰。

サイト:幸せのケーキ共和国(http://shiawasenocake.net/

東急フードショー 店舗一覧

あ行

か行

さ行

た行

な・は行

ま・や行

ら・わ行