ソラ

工作と遊ぶことが大好きな小1男子の母です。4月からサッカーを始め、パワフル過ぎてついていくのに毎日必死です。

2021.05.24

リモートレッスン始めました

Diary

こんにちは。ソラです!
コロナ禍が長引く中、先月から習字のパーソナルレッスンを始めました。
息子が保育園の年長時代に月1ペースで習字があり、園長先生に教わっていたので先生は変わりますがその延長で行うイメージとなります。

まずは事前に必要な道具を揃え、先生からお手本を送って貰います。
練習当日はパソコンの電源を入れ、時間になったらスタート。
通常の習い事だと、教室に行けば後は先生が面倒を見てくれますが、リモートレッスンはここからが大変です。

最初は正しい姿勢、筆の持ち方、墨汁の適切な量の含ませ方、一文字目の入り方、筆の運び方、留め、はらいなどの説明を聞きます。
これらを先生の言ったとおりに出来ているか、親がそばにいてチェックをしなくてはいけません。

文字は実際に書いてお手本を見せてくれるので、子供も真似して上手に書くことが出来ましたが、油断していたら筆を思い切りねかせて書いていました。
形だけで入ると、筆の運び方は二の次になってしまうのでしょう。
筆は常に紙と垂直になるように運びますので、ねかせるのはNGです。

初回は縦と横の線を書き、次は自分の名前をひらがなで途中まで、1回のレッスンで30分程度を目安に行いました。
先生が次の文字に進もうとすると、息子がもう一度書きたいと繰り返して練習し、モニター越しなので課題を予定どおりに進めるのは難しいのかもしれません。
ですが、あまり時間が長いと子供の集中力も続かず飽きてしまいますし、親も疲れますのでちょうど良い時間に思えました。

時間内で書ける範囲で行い、先生からの総評を聞いてレッスンは終了です。
文字がかすれるのは筆運びが速いからだそうで、ゆっくり丁寧に、文字の入り方と留め方に注意すると、格段に上手く見えるから不思議でした。
半紙を乾かしたり、筆を洗ったりと後片付けも意外と大変なのですが、部屋で手軽に習えるのは良いと思いました。
これからもどんな作品が仕上がるのか、楽しみにしたいと思います。