チーズおかき

2016年秋にドイツで女児を出産し帰国。ダンスと音楽が大好きな、元出版社勤務の専業主婦です。ちょっとやそっとでは動じない肝っ玉母ちゃんを目指し、日々奮闘中。

2020.01.22

抱っこ紐はセールがお買い得

Diary

こんにちは。ドラッグストアの割引シールに目がないチーズおかきです。「割引」って本当に素敵な響きですね。うっとりしてしまいます♡

さて、今回のテーマは「セールで買ってよかったベビー用品」。
ずばり私のオススメは「抱っこ紐」です!

中古品も販売されていますが、安全面を考えるとやっぱり新品のほうがいいかな…と思ってしまう親心。
まずは私の抱っこ紐歴をご紹介します。

最初に買ったのは、ド定番の「エルゴベビー」。
当時滞在していたドイツでは、電車やバスに乗る時にベビーカーをたたむ必要がなく、そのままでOK。そんな背景からか、抱っこ紐は寝かしつけのアイテムと考えている友人が多く、たしかにベビー用品店でも種類が少なかったんです。なので、妊娠中に一時帰国した際、日本の某コ○トコで購入しました。
正規輸入代理店で買うのと比べると、並行輸入品のため説明書が英語、メーカー保証が受けられない、種類が限られている…などのデメリットもありますが、ドイツで買っても似たような状況だし、まぁいいか!と割り切って購入。一万円もしなかったと記憶しています。

2本目は「兵児帯タイプの抱っこ紐」。
こちらは、ドイツのベビー用品展示会「Babywelt」というイベントで購入。
「うちの子、股関節がかたくて、コレじゃないとで抱っこできないの!」と言う友人の抱っこ紐姿を見ていたら、すごく良さそうで私も欲しくなってしまい、探して探して、このイベントでやっと出会えました。〈We Made Me〉というメーカーのものです。60ユーロぐらいだったと思いますが、ユーロの感覚に疎いので、店員さんが「今日は割引よ!」と言ってたしちょっとは安く買えたのかな…という感じでした。とはいえこちらの抱っこ紐、娘が1歳になる頃まで大活躍したので、確実にモトはとれたかな(ドケチ発言)。

そして3本目は「napnapベビーキャリーCOMPACT」。
娘が歩き始めた一歳頃、抱っこ紐を持って出かけても使わないことが増えました。エルゴはかさばるし、兵児帯タイプは外で結び直すと汚れるので、軽くて使いやすい抱っこ紐を求めて毎晩ネットサーフィンをする日々…。
しかし、夫に相談(当時専業主婦の宿命)したら「抱っこ紐3本もいる?!」との返事…!!それはそれは大モメしたわけですが、モメてる間に偶然、公式オンラインショップで狙っていた商品の型落ち品アウトレットセールが始まったのです。
私以上にセール大好きな夫。2人で仲良く“即ポチ”しました(笑)。たしか四千円ぐらいだったと思います。

こんな感じで、私は抱っこ紐を3本購入しました。
種類も豊富で、次々と新機能が加えられる抱っこ紐。どんなに悩み抜いて購入しても、きっと多くのママたちが一度は買い足した経験があるかと思います。抱っこ紐自体に慣れてから買い足す「セカンド抱っこ紐」なら、型落ち品でも問題ないと思いますよ!
デザインなどに限りがある場合が多いですが、セールやアウトレットでの購入、おすすめです。