toko

5歳(年長)の男の子ママです。16時半までの短時間勤務で働いています。30代後半に結婚&出産し、現在40代。一昨年都内から郊外に引越しました!

2020.02.17

子どもの習い事について(6歳男子の場合)

Diary

こんにちは、tokoです。

今日は子どもの習い事について書きたいと思います。
tokoは子どもが3歳半頃から、何か習い事をさせたいなぁと思い、近所で探すようになりました。
男の子だし、体を動かすのが好きそうだったので、最初は「体操教室」がいいかなと思い、フィットネスクラブが運営している体操教室に体験で行ってみました。

すると、まだtokoジュニアが小さかったからか、周りのお兄ちゃんお姉ちゃんが大きかったからか(幼児だけでなく、小学校低学年も一緒でした!)、最初から大勢の知らない人達に囲まれての体操が怖かったようで、開始数分で教室からママのところに逃げてきてしまいました(笑)。

何とかなだめすかして教室に戻り、先生が横についてくれて、1時間弱リズム体操や跳び箱、トランポリンをしてその日の体験は終わりました。

これは全くの失敗でした!
きっと私のやり方がまずかったのでしょう。
一度見学をさせて、場所に慣れさせてから体験をさせるべきでした。
しかも、ちょっと自分より大きい子達が多かったからか、生まれて初めての体育会系の雰囲気にのまれたのか、完全に圧倒されてしまい、帰ってきたら「もう行きたくない!」という始末・・・。

気を取り直して、次のトライ。
今度はとある商業施設にある幼児教室
アトリウムで体験教室をしているというので、家族でぶらりと寄ってみました。

外での体験なので、気軽な感じ。
子どもも、「なんだか楽しい遊びができそう!」というワクワク感があったようです。「体験してみますか?」というスタッフさんの誘いにのって、素直に着席。

tokoジュニアは早速出された直角二等辺三角形を組み合わせたパズルや、ビーズの紐通しなどを、夢中でしていました。
隣でパパとママも、「意外と難しいですね~」などと言いながら、チャレンジ。

スタッフさんは上手にヒントを出しながら、子どもを褒めてくれ、tokoジュニアは楽しそう。
帰って「どうだった?」と聞いてみると、「行きたい!」というので、習い事は幼児教室に決定。
それ以来、もう3年近く通っていますが、毎週とても楽しそうに行っています。
教室でしたゲームを家でもやりたがったり、普通に玩具として遊んでいて、親としても通わせてよかったと思います。
何より先生が褒め上手で、保育園と家の他にもうひとつの場所ができたようで、
それが子どもにとってもいいのだろうなと思います。
保育園の先生やパパやママの他に、「すごいね!」と褒めてくれる人がいるって嬉しいですよね。

小学校に入ってからの習い事は、どうしようかと今迷っているところです。

Tokoジュニアはレゴがとても好きなので、「ロボット教室に通いたい!」とのご希望。ロボット教室は、今度必修化されるプログラミングの教室でもあるので、本人が希望するなら通わせてもいいのかなと思います。

最寄り駅でもロボット教室はいくつもあり、プログラミング中心の教室から、ロボットの組み立てから自分でする教室、仕組みを中心に学ぶ教室など、様々あるので、これもいくつか体験をさせて決めていきたいと思います。

また、tokoジュニアはやはり体を動かすことも好きで、特に野球が大好きなので、野球教室についても考えています。ただ小学校併設の野球チームは、土日がほぼ練習でうまり、親の当番もあるので悩むところです。
もしくは習い事形式の週1回の野球教室に通うか・・・。
まだまだ検討中ですが、本人の「好き!」を伸ばせる習い事をさせたいと思っています。
ちなみに、保育園のクラスのお友達は、「スイミング」「公文」に通っている子が多いようですよ。

そろそろ春に向けて、新しい習い事の体験をスタートさせていきたいと思います。