なっちゃん☆

小学4年生女の子のママです。4月からフルタイム勤務がスタート!子育てのモットーは“自立”。子育てだけでなく、自分が好きなことにも全力投球!!

2020.06.15

思春期の入口

Diary

こんにちは!なっちゃんです。
6月に入りやっと小学校も始まりましたが、
夏休みも短縮されたり、学校生活も諸々制限があり小学生も思い通りにならなくて大変なようです。

さて、娘は先日10歳になりました♪
子育ても予定通りいけば折り返し地点といったところでしょうか。
以前のブログで書きましたが、今後10年は自分から色々な事に挑戦して、失敗を繰り返して大人の階段を少しずつ昇っていってほしいと思います。そのために親の私たちは、常に娘を応援して娘が絶対的に信頼できる存在でいたいですね。

そんな今日この頃ですが、10歳前後からそろそろ思春期の入口か?ということが増えてきました。

娘は生まれた時から、割と穏やかな性格で激高したり、私に怒られた時以外にワンワン泣くようなこともなく割と育てやすい方だったかと思います。
だからこそ、思春期にはすごい反抗期がくるのではないかと昔から怯えていました(笑)
まだ思春期本番というわけではありませんが、その片鱗が最近少し見えるようになってきたのです。

①写真を撮らせてくれなくなった
これ結構悲しいです・・・前は飼っているワンコを抱っこしては「一緒に撮って♪」と要求してきましたが、
もはやカメラから目線をそらしてきますし、「やめて」とか言われます(涙)
なので、日常の撮影はほぼ隠し撮り(笑)親なのに子供の写真を隠し撮り(笑)
さすがに旅行や出かけたときは渋々撮らせてくれますが、
乳幼児の時の弾ける笑顔は親との時間より友達との時間へ向けられているようになってきたようです。

②いつの間にかパパとお風呂に入らなくなった
娘はパパっ子なので、週末一緒にお風呂に入るのが赤ちゃんの頃から恒例でした。
恐らく小学2年生くらいまでは一緒に入っていましたが、9歳になったあたりからパタリと一緒に入りたいと言わなくなりました。
パパ的には「言われてみればそうだね~」という感じのようですが、これも心の立派な成長です。
それでも、パパとは一緒に買い物行ったり、ゲームしたり仲良しですけどね。
また、低学年までは、お風呂からほぼ全裸で出てきていたのに、
最近はちゃんとパジャマを着て出てくるようになりました・・・(むしろやっと(汗))
これも体の成長に対する本能的な行動なんでしょうね、きっと。

これから色々な変化に親子揃って戸惑うこともあるかと思いますが、
「私もそんな時期あったよ!」と娘に共感しながら穏やかに過ごしていきたいものです。
もちろん、「クソババア」的な発言は許しませんけどね(笑)