mineco

幼稚園年長児のママ、時々ライターのお仕事も。都内から少し自然の多い郊外に引っ越したのを機に、趣味のドライフラワーの小物作りでマルシェにも参加。美味しいフルーツとお茶をご褒美に子育て奮闘中!

2020.07.29

わたしの妊娠中にヒヤッとした体験!

Diary

こんにちは。minecoです!

ステイホーム期間、運動不足だったせいか、息子は幼稚園が始まってからよく転ぶようになってしまいました。最近はお休みの日にはなるべく近くの公園で思い切り遊ばせ、運動不足解消を心がけています。

さて今回は、さかのぼること6年前(もうそんなに経つんですね!)、妊娠中にヒヤッとした話をお送りします。


里帰り出産を決めたわたしは、妊娠8か月頃の安定期に、飛行機で1時間の実家に一人で帰省しました。
それから出産まで実家でゴロゴロさせてもらったり、産婦人科の先生に言われたとおり毎日ウォーキングとスクワットをしたりと、出産に備えて足腰を鍛えていました!

そして妊娠10か月頃のある日。
お腹もだいぶ大きくなっていたのですが、突然運動がしたくなり(笑)、母親と二人で、車で少し家から離れた大きめの公園に散歩に行きました。

そこは庭園のような公園で、池や小さい滝も。
わたしは普段通りの感覚でついその池から滝までの、小さい飛び石を渡ってみたくなり、一人で渡ろうとした、その時です。

「ツルッ!」

足が滑り、体が傾き、池に落ちるぅぅ!と思った瞬間、自力でなんとか体幹をまっすぐに直し、落ちずに済みました。
落ちなかったからよかったものの、危機一髪という感じだったので、もう妊娠中は危ない橋を渡ることはやめよう、と心に誓いましたよ~(笑)。

いつもなら何てことない場所なのですが、お腹も重くなると重心がぐらついて、ひっくり返りそうになるんですよね。これはもう、反省しました(汗)
そして、なんと!その次の日に息子が生まれました!!

そう、その夜に陣痛が始まったのです…(汗)
池に落ちそうになったことでお腹の息子もヒヤヒヤしたのか、その後しばらくお腹の中で動いていたし、周りからは「もうここにいたら危ないって思ったんじゃない!?」という声も(笑)。
ちょうど出産日近くだったので、たまたまかもしれませんが。

でも足腰を鍛えた甲斐もあって(?)、無事安産で生まれてきてくれましたよ☆


妊娠後期に入ると、毎日のように体が変わっていくので、いつも通りに動けないことも。
妊娠中の運動は大切ですが、決して無理はせず、お気をつけてお過ごしくださいね♪