2020.09.18

3歳までに約7割が発症! 中耳炎の悪化と再発を防ぐために大切なこと

Column

 中耳炎とは、鼓膜の奥にある「中耳」が炎症を起こす病気です。
自然に治癒することはほとんどなく、放っておくと症状は悪化してしまいます。ひどくなると抗生剤では治せず、鼓膜を切り開いて膿を取り出す手術が必要になる場合も。早期に治療を始めれば、大半は数日で完治しますが、乳幼児の場合は、耳の痛みや違和感を表現できないので、初期症状に気づいてあげられないのが悩ましいところです。
そこで、上高田ちば整形外科・小児科の千葉智子先生に、中耳炎の主な症状と早期に発見する方法、治療方法について教えてもらいました。

中耳炎はどうして起きるの?

「中耳炎の主な原因は鼻水です。鼻水の中には『肺炎球菌』などの細菌が入っていて、それが耳の中に入ってしまうことで発症します。乳幼児は自分で鼻がかめない上に、耳管が大人に比べて太く短く水平に近い状態です。そのため、風邪をひくと鼻汁が耳から中耳に届きやすく、これが中耳炎の要因になります。
中耳炎を発症すると、耳の痛み、発熱、耳からの膿排出(耳だれ)などが起きます。また、耳を触ったり、不機嫌になったりするお子さんも見られます。
中耳炎にはいろいろな種類がありますが、代表的なものを症状の軽いものから順に上げますと、耳に激しい痛みを伴う『急性中耳炎』、中耳に透明や黄色の液がたまる『滲出(しんしゅつ)性中耳炎』、急性中耳炎を何度も繰り返すことで鼓膜に穴が開いてしまう『慢性中耳炎』などがあります。慢性化すると、難聴につながるとても怖い病気なので、発症した場合は完治するまで治療を続けることが大切です」(上高田ちば整形外科・小児科の千葉智子先生、以下同)

中耳炎を予防するには?

「もっとも効果的な方法は、鼻水が出たときはこまめに鼻水の吸引をしてあげることです。ほ乳瓶を使った授乳時に、乳児の姿勢が水平になると、ミルクが耳管から中耳に流れ込んでしまうことも中耳炎を引き起こす要因になります。ほ乳瓶でミルクをあげるときは、頭を起こした姿勢で授乳し、授乳後はゲップをさせてあげることでミルクの逆流を防ぎましょう。
タバコの煙に含まれる青酸ガスも中耳炎の要因になります。タバコの煙は中耳炎だけではなく健康にも大きな害があるので、乳幼児の前での喫煙は絶対にやめましょう。
おしゃぶりを長時間続けることも、のどや鼻の空間に陰圧を感じ、耳管を痛めやすくなるので避けたほうがいいでしょう。
また、ダニやハウスダストなどの影響で起こるアレルギー性鼻炎になると、中耳炎にかかりやすく治りづらくなるので、こまめに掃除機をかけ、空気清浄機を利用し、清潔な室内環境をキープするように心がけてください。
これらの対策をすることは、中耳炎の再発防止にも効果的です」

早期発見のために、普段から意識しておくことは?

「早期発見のポイントは、乳幼児が風邪を引いたときは、中耳炎にかかっているかもしれないと疑いを持つことです。
咳や鼻水、発熱が起きたときは、お子さんの様子をよく観察してください。片側の耳をよく触っていないか、耳を痛がっていないか、耳から悪臭がしないか、耳だれが出ていないかなどをチェックし、それらの症状が見られたら、早めに受診をしましょう。
耳のケアで避けたいのは、こまめな耳掃除です。入浴後に耳の中に入った水や汚れを拭うために、綿棒を使った耳掃除を行っている方は少なくないでしょう。
人間は耳垢を自然に排泄する自浄作用が備わっているので、耳掃除を頻繁にする必要はありません。むしろ、耳掃除のやりすぎは耳の中を傷つけてしまう危険が伴うので、入浴後はタオルで耳の表面をかるく拭く程度で充分です。
耳垢が気になる場合は、耳鼻咽喉科で掃除をしてもらうことをオススメします」

中耳炎はうつるの?


「中耳炎にかかっているお子さんと接したことでうつるわけではありませんが、中耳炎による耳だれに触れると、そこから細菌やウイルスに感染する危険はあります。
中耳炎を引き起こす原因の細菌やウイルスは、咳やくしゃみによって飛沫感染をするので、風邪症状が出ているときも注意が必要です。
また、保育園や幼稚園などの集団保育の場や、兄弟がいる場合は、感染のリスクが高くなります。
くしゃみや鼻水、咳といった症状や発熱がない場合は、お風呂やプールに入っても問題はありませんが、うつしてしまう危険がないかどうかは、医師に確認しましょう」

中耳炎にかかりやすい体質はある?

「飛行機や新幹線に乗ったときに耳鳴りを起こしやすかったり、風邪を引くと扁桃腺が腫れやすかったり、アレルギー性鼻炎があったりする場合は中耳炎にかかりやすくなります。
ご両親の体質でもそのような傾向が見られる場合は、お子さんも中耳炎にかかりやすい可能性があります。そうしたお子さんが風邪で受診する際には、耳の状態も見てもらうといいでしょう」

 耳鼻科か小児科、どちらを受診するべき?

 
「発熱があり、耳だれが見られる場合は耳鼻科を受診しましょう。鼻水や咳の症状が中心のときは、中耳炎以外の感染症の可能性が高いので、小児科を受診した方がいいでしょう。
小児科へ行く場合でも、耳を気にするような仕草が見られたときは、医師にそのことを伝えるようにしてください。
もしも、夜間に激しい耳痛や耳だれが起きているなどの中耳炎症状が見られた場合は、耳鼻科の夜間診療を受診するのが望ましいです。夜間診療が受けられない場合は、応急処置として、保冷シートなどで耳を冷やしてあげてください。そして、翌日の早い時間帯に耳鼻科を受診しましょう」

「中耳炎の治療薬として抗生剤が処方されたら、最後まできちんと飲みきることが大切」という千葉先生。中耳炎は繰り返し発症しやすい病気なので、軽度の症状でも油断せずに受診し、完治するまで治療を続けるように心がけましょう。




教えてくれた人 千葉智子先生/小児科医
昭和大学医学部医学科卒業。東京、神奈川の病院、クリニック勤務を経て、整形外科医の夫とともに東京都中野区に「上高田ちば整形外科・小児科」を開業。各種メディアへの小児医療についてのコラム執筆や、保護者向けの小児科のかかり方、ホームケアについての講演にも力を注ぐ。3人のお子さんのママ。