うりママ

4学年差の男兄弟を子育て中。伸び伸び知育大好きなママです!特技は"投げキッス"の小学1年生の長男と、あざと可愛いけどイヤイヤ期真っ盛りの2歳次男に囲まれながら、賑やかな毎日を過ごしてます。

2023.06.22

コロナ明けで増えてきた!?パパが出張の日の過ごし方

Diary

こんにちは!うりママです。
1歳半の次男の夜泣きに悩まされ、5歳の長男のお受験準備にヘトヘトなうりママです。

そんな中、久しぶりに夫が一泊の出張へ行きました。
最近は日帰り出張しかなかったので、泊まりを伴う出張は久しぶりでした。

コロナ前までは、月に一度は国内、年に数回は海外へ出張があったことをすっかり忘れていました。我が家と同じように、パパの出張が増えてきたご家庭も多いのではないでしょうか?!
 
ということで、今日は、パパが出張の日(1泊)の過ごし方やそんな日の想いについて書きたいと思います。

■出張前夜
準備は前日(もしくは前々日)の夜からスタートするのが肝だと思っています!

まず、いつも以上に次の日の準備をしっかりします。
出かける荷物の準備や片付けのほか、子どもたちの精神的な準備にも心を配ります。

長男5歳は、「ザ・漢」といった性格で、頼られると、とっても張り切ってくれます。
そのため、前もって以下のような声かけをするようにしています。

パパ「●回寝たら帰ってくるから、ママに協力してね!お土産買ってくるよ。」
ママ「●●(次男の名前)くんのお世話をママひとりでできるか心配だな。力になってね。」

この声かけが、長男の心に響くかどうかが鍵となります。

■当日の朝

パパは早朝に出発。
長男と次男はいつも通りで、機嫌によって谷あり山ありの朝の様子です。

ただ、朝の準備に関しては、夫の出張による影響はそこまでなく……むしろよい影響もあったりします。

というのも、子どもたちはパパを見るとテンションが上がり、そこから遊びたいモードになってしまい、登園までの間に駄々をこねることも多いのです。

でも我が家の場合は、パパが不在だと登園までの仕度がスムーズに進むという意外なメリットがあります。

一方、家事を頼めないことや、ちょっと子どもたちを見てもらうことができないのは大変です。
そんな時は、私の化粧をいつもより簡単に、ときには眉毛だけ描いてマスク姿で送迎しちゃいます(苦笑)。

さて、子どもたちが登園したら私は仕事へ向かいます。

■当日の夕方

お迎えをしてからの帰り道に、「パパがいないけど頑張ろう!」とちょっと大袈裟に(!)声をかけます。

夕食はあまり手をかけずに、丼ものやパスタにします。
実際にはこういう献立の方が子どもは食いつきが良かったりしますよね。

長男は「僕が今日はパパだ!」といって、ここぞとばかりに色々なお手伝いをしてくれます。
洗濯の手伝いをしてくれたり、次男のお風呂や着替えのお世話もしてくれたり、頼もしい存在です。(前日の仕込みがうまくいっていればの話で、毎回こうなるとは限りませんが)

パパ不在で大変かと思いきや、私もちょっとのんびりしながら自分のペースで家事ができたりするので、ときにはママの息抜きになって良い面もあるかも!?

ただ子どもたちにとっては、そうではないかもしれません。
我が家の場合、基本的に夫は定時に帰宅するため、子どもたちは「なんでパパいないの?!」という不安な気持ちになってしまうのでは、と思っています。

だからこそ、出張中のみならず出張前からの「声かけ」を大切にしています。

それから、夫に対しても、「いなくて本当に大変だったよ、いつもありがとうね。」という気持ちを伝えるように心がけています。これも大切なことですよね!

といっても、夫の出張の日は、私がウキウキ(!?)している様子は伝わってしまっているみたいですけどね (苦笑)。




“はたらく” でつながるコミュニティ tannely
ママを “はたらく” でつなぐtannely(タネリー)は、地域のつながりを “はたらく” で育むコミュニティ。”はたらく”を通じて、ママと社会がつながるタネをまく。子育て世代が、地域に貢献する機会をつくる。ママのため、街のため、社会のために必要なコミュニティとなる。それが私たちの使命です。
NPO法人tannely(タネリー)