なっちゃん☆

小学4年生女の子のママです。4月からフルタイム勤務がスタート!子育てのモットーは“自立”。子育てだけでなく、自分が好きなことにも全力投球!!

2019.07.23

小学生の夏休みは成長の機会がいっぱい!?!?

Diary

こんにちは、なっちゃん☆です。

もうすぐ、小学生は長い長い夏休みが始まりますね~
我が家は3回目の夏休みとなりますが、年々進化していますよ。

1年生。
預ける場所としては、
以前お話ししたモンテッソーリ教育を取り入れたアフタースクールと学校の放課後スペースの2つありました。
しかし、学校の放課後スペースは人数も多く、やることにバリエーションがないようで、娘は段々行きたがらなくなりました。
(こちらもお弁当作りが大変ですし・・・)

そして2年生は、アフタースクール一本に。
しかし、こちらはあくまで通常時からあくまで習い事という立ち位置なので、お盆前から夏季休業期間があります。
(夏季休業期間以外は朝から夕方まで預かってくれて、お昼も作ってくれます)

そこで、2年生になってからは、
午後から私の母に来てもらうようにして、午前中は留守番してもらうようにしました。

娘に「できる?」と聞くと、
「学校の放課後スペースに行くよりは全然良い!」
と、本人もやる気満々でしたので、とりあえず任せてみることに。

以下の約束をしました。

・インターホンが鳴っても出ない
・マンションの外に出ない。
・お茶を飲む以外、キッチンには入らない。
・TVはママ作成のToDoリストが終わってから。

私作成のToDoリストは主に学習内容です。
・学校の宿題を●●までやる
・通信講座の●●終わらせる
・漢検ドリル●ページまでやる
・読書30分以上
などです。

子供へのToDoリストは具体的にどこまでやると書いた方がいいです。

とまぁ、最初は私も心配で、
渋谷駅に着いたら電話、勤務中もトイレに行くたびに電話をかけていましたが、
夏休みが終わる頃には完全に自立。
涼しいエアコンが効く部屋で伸び伸び留守番を楽しんだようです(笑)


今年は3年生。
まだ火を使わせるのは怖いので、
留守番は半日が限界だと思うのですが、親元を離れて2泊3日のキャンプに参加します。

あと、本を15冊は最低読むとのこと!ハリーポッターに挑戦したいようです。

うちの娘にとって夏休み中は予定や課題をいっぱい作ってあげるようにしてあげた方がよいのかもしれません。

お留守番時のToDoリストはおすすめですよ~