ショコラ水羊羹とフルーツゼリーの共演。 〈ベルアメール〉の涼やか夏ギフト

2023.05.15

今年で創業20周年を迎える、日本発のショコラ専門ブランド〈ベルアメール〉。そんな〈ベルアメール〉のこだわりが詰まった、夏におすすめのギフトアイテムとは? 同ブランドを運営するジェイ・ワークス株式会社の企画営業部でデザイナーを務める、鍵本さんにお話を伺いました。

ジェイ・ワークス株式会社 企画部 鍵本恵美さん

ーすっかりおなじみではありますが、改めてブランドの紹介をお願いします。

鍵本さん:フランス語で「美しい」を意味する「BEL」と、「苦味」を意味する「AMER」を組み合わせて名付けられた、日本発のショコラブランドです。ショコラの特徴である「美しい苦味」を大切に、ショコラを通して皆さまに幸せや驚きをお届けすることを目指し、日本の四季に寄り添うショコラを職人の丁寧な手仕事で作っています。2003年10月創業なので、今年でちょうど20周年を迎えます。

ーでは早速、夏ギフトのおすすめ商品を教えてください!

鍵本さん:こちらの「ショコラ水羊羹&フルーツゼリー」です。

ーパッケージも爽やかで、中身も色鮮やかですね。〈ベルアメール〉というと「パレショコラ」のイメージが強いのですが…「ショコラ水羊羹」はいつ頃から扱っているんですか?

鍵本さん:10年ほど前から扱っています。夏になるとショコラを食べる機会が減ってしまうので、夏にもおいしくショコラを食べていただきたい、という思いで開発されました。

ー和菓子と融合させたのには何か理由が?

鍵本さん:それまでもショコラのムースなどは作っていたんですが、和の融合にもチャレンジしたいという思いもあって。そして、ツルツルとした喉ごしや口溶けのいいものとショコラを合わせたら、と考えて水羊羹に行き着いた感じですね。毎年楽しみにしていただいているお客様もいらっしゃるなど、いまでは夏の定番アイテムになりました。

ーショコラ水羊羹とフルーツゼリー、ともに3種類入っていますが、それぞれについてご紹介ください。

鍵本さん:ではまず「ショコラ水羊羹」から。「餡ビター」は最もベーシックなもので、ビターチョコレートとこしあんを合わせたほろ苦い味わいです。「ミルクチョコ和栗」は2層になっていて、上層は熊本産和栗が入ったゼリー、下層はミルクチョコレートとこしあんを合わせた水羊羹です。「抹茶あずきミルク」は、北海道産小豆が入った抹茶ゼリーとミルク風味のホワイトチョコレート羊羹と重ねた2層構造で、3種類の中では最も甘みが強いですね。

左が「餡ビター」、右手前が「ミルクチョコ和栗」、右奥が「抹茶あずきミルク」

ー開発の過程で難しかったのはどんなところでしょうか。

鍵本さん:あんことチョコレートの配合ですね。チョコレートの味も残しつつ、あんこの味もしっかり感じられる配合を見つけることが一番苦労しました。

ーちなみに、味としては洋菓子寄りですか?それとも和菓子寄りですか?

鍵本さん:難しいですが…個人的には洋菓子寄りだと思っています。そこはやっぱりショコラブランドなので(笑)

ーなるほど(笑)。では「フルーツゼリー」の紹介もお願いします。

鍵本さん:向かって左から「ピーチ」「グレープ」「オレンジ」の3種類です。果汁入りゼリーの中に、果肉がゴロッと入っています。

鍵本さん:「フルーツゼリー」は昨年から登場した商品です。それまでは「ショコラ水羊羹」だけの詰合せでしたが、箱を開けたときの華やかさや爽やかさをプラスするために開発されました。

―見た目も涼やかですね!では、おすすめの食べ方も教えてください。

鍵本さん:よく冷やして、容器のままスプーンですくって食べるのが普通ですが、おもてなしなどで出すなら、逆さにしてお皿に出すのも素敵かと。中身と容器の間に軽くナイフなどを入れれば、するっと中身を出せると思います。「ショコラ水羊羹」はクリームなどを添えるのもおすすめですね。サイズも小さめなので、3つくらいペロッと食べられちゃいます(笑)

ー鍵本さんはデザイナーとして、〈ベルアメール〉の全商品のデザインを手掛けているそうですが、デザイナー目線でこだわったポイントはどこですか?

鍵本さん:ショコラブランドらしく、ショコラをイメージできるデザインにしたくて。いろいろと試した中で、ショコラに見えるような容器デザインにしました。透明のシールにして、中身がよく見えるようにしたのもポイントですね。「ショコラ水羊羹」を2層にしたのも、涼やかさに加えて見た目の楽しさを表現するためです。あまり水羊羹に馴染みのない若い方などにも、手に取っていただけるようなデザインを心がけました。

ーたしかに、容器の見た目にもショコラ感があります!こちらの商品はどんな方への贈り物に選んでいただきたいですか?

鍵本さん:幅広い年代の方にお楽しみいただきたいですね。「夏だから」という理由でチョコレートを敬遠されている方にも、こういう商品もあるんだということを知っていただければと思います。〈ベルアメール〉は創業が代官山で、都立大学や中目黒に出店していたこともあり、いまは自由が丘にも店舗があるので、東急沿線には馴染みが深いんです。そんなゆかりのある東急百貨店のお客様に、このギフトを選んでいただければうれしいです!

SHARE

関連記事

NEWS STORY
2024.02.11

スイーツ

〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉からホワイトデー限定缶が登場!限定のクッキー…

フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子を中心とした、その焼き菓子の味わいに魅せられてリピーターになるお客様も多い〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ…

#ホワイトデー2024

2024.02.11

スイーツ

ホワイトデーに〈ピエール・エルメ・パリ〉を。“パティスリー界のピカソ”の限定…

“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏のブランド〈ピエール・エルメ・パリ〉。創造性あふれるスイーツの数々で世界中のファンを…

#ホワイトデー2024

2024.01.16

スイーツ

“パティスリー界のピカソ”からの贈り物。〈ピエール・エルメ・パリ〉の珠玉の味…

その独創的な感性と確かな技術によって生みだされるスイーツの数々で、“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏。彼のブランド〈ピ…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

自然を愛するビオショコラティエ〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉の想いをアソ…

フランスのオーガニック農家をルーツとするビオショコラブランド〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉。今年のバレンタインコレクションの魅力について…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

ベルギーの王室御用達ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。今年のバレンタ…

革新的な創造力で高く評価される、ベルギー王室御用達の世界的ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。日本でもおなじみとなった同ブランドの20…

#バレンタイン2024

2023.11.02

スイーツ|ギフト/手みやげ

お取り寄せもできる!進化し続ける“NEO和菓子”10選

進化が止まらない! メディアでも話題になる今注目のトレンドスイーツ「ネオ和菓子」。老舗和菓子店がこれまでの伝統を打ち破り新たに挑戦したお菓子…

#デパ地下

#Food's Story