〈アトリエ サトコ〉Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキ
キーワードはギャップとサプライズ感。唯一無二の表情に、パティシエの思いを込めて。

2023.10.01

表参道にある人気の結婚式場「セントラルテラストーキョー」のパティスリーブランド〈アトリエ サトコ〉。ブランドコンセプトをカタチにした意外性のあるクリスマスケーキの魅力について、同ブランドのパティシエ、小林聡子さんに詳しく伺いました。

アトリエ サトコ パティシエ 小林聡子さん

〈アトリエ サトコ〉ってどんなブランド?

ー〈アトリエ サトコ〉のブランド紹介をお願いします!

小林さん:表参道の結婚式場「セントラルテラストーキョー」のオープンと同時に2022年に誕生した、同施設のパティスリーブランドです。「繊細さと大胆さを併せ持つカラーコンビネーションやテクスチャー」「ギャップとサプライズを意識した唯一無二のデザイン」「『美味しい』を約束する味」をブランドコンセプトに、ファッション、アート、建築、季節の移ろい、五感で感じる様々なモノコトすべてをインスピレーションソースにしています。

ー小林さんご自身がスイーツづくりで大切にしていることは?

小林さん:見ることでワクワクしたり、食べることでハッピーになったり。そういう楽しい気持ちになれるスイーツづくりを心がけています。ブランドコンセプトと重なりますが、おいしいことはもちろん、そこにギャップやサプライズ感があることで、スイーツの可能性も広がると思っています。

小林さん

今年のクリスマスケーキについて教えてください!

ーそんなコンセプトのもとにつくられた、今年のクリスマスケーキについて教えてください!

小林さん:クリスマスの楽しさやワクワクする気持ちをカラフルでリズミカルなデコレーションで表現した、大人も子供も楽しめるやさしい味わいのこちらのケーキです。

Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキ

小林さん:クリスマスといえばやっぱりツリーということで、モチーフとして取り入れました。クリスマスって、キラキラしたイメージがありますよね?なんだか無条件にワクワクさせてくれるというか。たとえば“心が躍る”ような感覚を、クリームを躍るように塗ることで表現するなど、楽しい気持ちを色や造形でカタチにしました。

ーたしかにとても個性的な見た目です。ケーキの詳細もお聞きしたいのですが、まず上に乗っているのがマカロンですね?

小林さん:はい、クリスマスツリーをイメージした4段のマカロンツリーです。苺のレアチーズクリームを挟んだマカロンを3種類のバタークリームでデコレーションしました。そしてケーキ全体を覆うクリームは、ラズベリーと紫芋フレーバーで色付けした生クリームです。

Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキ

ー中身はどうなっているんでしょうか。

小林さん:中身はシンプルなショートケーキです。てんさい糖を使ってやさしい味わいにしっとり焼き上げたスポンジと、北海道産の低脂肪乳を使ったフワッと軽い口どけの生クリーム、そして丸ごと入れた苺。ショートケーキは苺のジューシーさを味わうのが一番の醍醐味だと思うので、スライスではなくて丸ごと入れることにしました。

Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキ 断面

ーショートケーキなんですね!意外です!

小林さん:一見するとショートケーキには見えないのに、切ってみると苺が出てくる。ポイントは、そのギャップとサプライズ感です。「2度楽しめる」みたいな。

ーなるほど。苺を上にのせていないのも、あえてということですね?

小林さん:はい。苺が乗っているとバレちゃいますので(笑)

小林さん

ー(笑)まわりの紫色のクリームとともに食べると、どんな味わいになるんですか?

小林さん:苺とクリームとスポンジが一体になったときの味わいは、皆さんが想像するショートケーキと同じだと思います。ちゃんと王道のショートケーキとして楽しめるように計算されていますので。それも見た目と味わいのギャップですね。そこにマカロンのさっくり食感やチーズのコクなど、いろいろな味と楽しさを組み合わせました。


おすすめの食べ方をおしえてください!

ーブランドのコンセプトがしっかり込められていますね!切るのが難しそうですが…どうやって食べるのがおすすめでしょうか。

小林さん:マカロンを上手に切り分けるのは難しいと思うので、カットする際はマカロンを外して、どれを食べるかはジャンケンなどで平和に決めていただければ(笑)。マカロンは崩してもおいしくて食感のアクセントにもなるので、もう一度トッピングするのもおすすめですね。丸ごとの苺をそのまま味わうために、ケーキ部分はちょっと大きめにカットしていただくといいかもしれません。ツリーのまわりに雪をイメージした装飾も施してあるので、クリスマスならではの世界観も楽しんでいただければと思います!

Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキと小林さん

ーでは最後に、お客様へのメッセージをお願いします!

小林さん:クリームの塗り方に決まりはなく、色合いやバランスを見ながら私の感覚で塗っているので、同じ表情のものがひとつもないのも魅力かもしれません。お買い上げいただいたお客様に「アトリエサトコのケーキを選んでよかった」と思っていただけるように、「おいしく食べてほしいな」「楽しんでもらえるといいな」とひとつずつ心を込めてつくっています。大切な人と過ごす素敵な1日に、このケーキが華を添えられれば最高です!


≪アトリエ サトコ≫Noël de sapin マカロンとイチゴのクリスマスケーキ 5,832円(税込)

SHARE

関連記事

NEWS STORY
2024.02.11

スイーツ

〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉からホワイトデー限定缶が登場!限定のクッキー…

フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子を中心とした、その焼き菓子の味わいに魅せられてリピーターになるお客様も多い〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ…

#ホワイトデー2024

2024.02.11

スイーツ

ホワイトデーに〈ピエール・エルメ・パリ〉を。“パティスリー界のピカソ”の限定…

“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏のブランド〈ピエール・エルメ・パリ〉。創造性あふれるスイーツの数々で世界中のファンを…

#ホワイトデー2024

2024.01.16

スイーツ

“パティスリー界のピカソ”からの贈り物。〈ピエール・エルメ・パリ〉の珠玉の味…

その独創的な感性と確かな技術によって生みだされるスイーツの数々で、“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏。彼のブランド〈ピ…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

自然を愛するビオショコラティエ〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉の想いをアソ…

フランスのオーガニック農家をルーツとするビオショコラブランド〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉。今年のバレンタインコレクションの魅力について…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

ベルギーの王室御用達ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。今年のバレンタ…

革新的な創造力で高く評価される、ベルギー王室御用達の世界的ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。日本でもおなじみとなった同ブランドの20…

#バレンタイン2024

2023.11.02

スイーツ|ギフト/手みやげ

お取り寄せもできる!進化し続ける“NEO和菓子”10選

進化が止まらない! メディアでも話題になる今注目のトレンドスイーツ「ネオ和菓子」。老舗和菓子店がこれまでの伝統を打ち破り新たに挑戦したお菓子…

#デパ地下

#Food's Story