〈Eat & Smile〉とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ
人気モチーフをクリスマスケーキにも。みんなを笑顔にする、小さなカフェからの贈り物。

2023.10.01

横浜市のあざみ野で姉妹で営む小さなカフェ〈Eat & Smile(イート&スマイル)〉が、東急百貨店のクリスマスケーキに初登場。お店の人気モチーフを取り入れた自慢のケーキについて、同店でケーキのデコレーションを担当する吉井謡子さんにお話を伺いました。

吉井謡子さん ※今回は吉井謡子さんにインタビューしました。
石田聖子さん

Eat&Smileってどんなブランド?

ーまずは〈Eat & Smile〉について、どんなお店なのか教えてください!

吉井さん:横浜市のあざみ野で、2018年に妹と私の2人でオープンさせた小さなカフェです。食卓を囲む大切な人たちの笑顔をイメージして、旬の食材を使った季節感のあるお食事メニューやデザート、季節のイベントなどに合わせた可愛いスイーツなどをすべて店内の小さなキッチンでおつくりしています。店名には「食べて笑顔になってほしい」という思いを込めました。

ーパティスリーではなくてカフェなんですね。

吉井さん:はい。飲食店で働いていた妹がカフェを始めることになって、私は家で教室を開催したり、子供の誕生日につくったケーキが本に掲載されたりといった経験があったので、いっしょにお店をやろうと言われて始めました。なので、ケーキのデコレーションは私が担当しています。ケーキ屋さんではなくカフェなので最初はたくさんケーキをつくるつもりはなかったんですが、おかげさまでご好評いただいてSNSなどでも広めていただいたので徐々にケーキも多く扱うようになり、主にお客様の特別な日のためのオーダーケーキをおつくりしています。


今年のクリスマスケーキを教えてください!

ーでは、今年のクリスマスケーキをご紹介ください!

吉井さん:はい。こちらの「とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ」です。こういった形で百貨店などでクリスマスケーキを販売するのは今回が初めてなので、どんな反応をいただけるかドキドキしています…!

とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキと吉井さん

ー名前にもある「とけちゃった雪だるま」とは?

吉井さん:お店をオープンして間もない頃、カフェの冬のスイーツメニューの一つに「とけちゃった雪だるま」をデコレーションしたところ、それが思いのほか人気者になって。今では季節を問わずスイーツやドリンクにトッピングできるようになっているお店のイメージキャラクターのようなものなので、今回のケーキにも採用しました。頭の部分はチョコレートベースでできています。

とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ

ーこのモチーフは、どうやって生まれたんですか?そして、とけちゃったのはなぜ?

吉井さん:海外のサイトでアイシングなどでとけた雪だるまを飾ったクッキーをよく見かけ、それをちょっとアレンジした感じですね。とけちゃったのは…なんででしょうね(笑)

ー(笑)きっと可愛いからですね!ではケーキ自体の説明もお願いします。

吉井さん:ベースはクリーミーでコクのあるホワイトチョコムースです。中には爽やかな苺のジュレとムース、香りのよいピスタチオのビスキュイジョコンドを忍ばせました。底の部分は香ばしいアーモンドをふんだんに使ったダックワーズで、美味しい組み合わせになっています。

とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ 断面

吉井さん:デコレーションのクリームは北海道産の生クリーム、グラデーションのかかった部分はバタークリームでできていて、夕方の雪景色をイメージしてデザインしました。意識したのは、いま流行っている韓国風のケーキです。厳密な定義はありませんが、デザインに色のクリームを用いていたり、文字が直接ケーキに書かれていたりするのが特徴ですね。日本のケーキよりもシンプルなものが多い気がします。

とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ

ーとても可愛らしい仕上がりですが、吉井さんご自身がスイーツづくりで大切にしているのはどんなことですか?

吉井さん:自分の子供のためにつくってきたケーキが原点なんですが、できあがったケーキを見て「わぁ!」と笑顔になってもらえるのがうれしくて。そうやって、心から喜んでもらえることを第一に考えてつくっています。子供のためのケーキの延長線上にいまがある、という感じですね。


おすすめの食べ方を教えてください!

ーなるほど。ではこちらのケーキのおすすめの食べ方なども教えてください!

吉井さん:メインのホワイトチョコムースも、中に忍ばせたジュレも、全部をいっしょに食べていただきたいですね。そうすることで味わいが完成するように考えていますので。でももちろん、ホワイトチョコムースだけでもおいしいですよ。カットせず、そのまま直接スプーンですくって食べるのも楽しいかもしれませんね!

吉井さん

ーみんなでスプーンでつつきあうのも楽しそうです!

吉井さん:あとは、最近はお部屋をオーナメントやバルーンなどで飾り付けたり、サンタの帽子を被ったりして、ケーキといっしょの撮影タイムを重視する方も多いので、そういう楽しみ方もしていただければと思います。私の中で、クリスマスは家族で食卓を囲むあたたかい時間のイメージなので、その中心にあったらいいなと思うケーキ、みんながより笑顔になるケーキをイメージして、心を込めてつくりました。このケーキを囲んで、ご家族で素敵なクリスマスを過ごしていただければうれしいです!


あざみ野≪Eat&Smile≫とけちゃった雪だるまの雪景色ケーキ 5,940円(税込)

SHARE

関連記事

NEWS STORY
2024.02.11

スイーツ

〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉からホワイトデー限定缶が登場!限定のクッキー…

フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子を中心とした、その焼き菓子の味わいに魅せられてリピーターになるお客様も多い〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ…

#ホワイトデー2024

2024.02.11

スイーツ

ホワイトデーに〈ピエール・エルメ・パリ〉を。“パティスリー界のピカソ”の限定…

“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏のブランド〈ピエール・エルメ・パリ〉。創造性あふれるスイーツの数々で世界中のファンを…

#ホワイトデー2024

2024.01.16

スイーツ

“パティスリー界のピカソ”からの贈り物。〈ピエール・エルメ・パリ〉の珠玉の味…

その独創的な感性と確かな技術によって生みだされるスイーツの数々で、“パティスリー界のピカソ”とも称されるピエール・エルメ氏。彼のブランド〈ピ…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

自然を愛するビオショコラティエ〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉の想いをアソ…

フランスのオーガニック農家をルーツとするビオショコラブランド〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉。今年のバレンタインコレクションの魅力について…

#バレンタイン2024

2023.12.18

スイーツ

ベルギーの王室御用達ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。今年のバレンタ…

革新的な創造力で高く評価される、ベルギー王室御用達の世界的ショコラトリー〈ピエール マルコリーニ〉。日本でもおなじみとなった同ブランドの20…

#バレンタイン2024

2023.11.02

スイーツ|ギフト/手みやげ

お取り寄せもできる!進化し続ける“NEO和菓子”10選

進化が止まらない! メディアでも話題になる今注目のトレンドスイーツ「ネオ和菓子」。老舗和菓子店がこれまでの伝統を打ち破り新たに挑戦したお菓子…

#デパ地下

#Food's Story